タマとレゲブと私。 今日も元気で、生きてます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どこ掘るワンワン?
2008年02月28日 (木) | 編集 |
tama


家族同然、いや、わが子同然の我が家のタマ。
まさに、四六時中一緒にいると、犬の面白おかしい習性を、日々観察できる。

犬と共に歩んできた35年・・・・・・犬の習性はもちろん、扱いも心得たもの。
もっぱら、都会の家族と都会の犬、という状況での犬との関係だった。
散歩いがいは、特に注意することもなく、家族の誰かが世話を焼いていたし、
犬も問題を起こすような、問題児ではなく、優等生犬だった。

ところが、タマと一緒になってからというもの、日々、笑わしてくれるのだ、これが。

まず、散歩では、必ず食べ物を見つける 
(食事は十分あげてます、肥満といわれるほど、肥えてます)
そして、速攻お持ち帰りする。
特にパンを見つけたときの喜びようったら、ホント、笑っちゃう。

お家にお持ち帰りして、しばらくウロウロしているタマを、静かに観察していると、
庭に穴を掘りだす 
掘って掘って、十分になったところで、周りをキョロキョロと見回し、
誰もいないことを確認して、パンを埋める埋める埋める
鼻でフンフンフンと、鼻先が真っ黒になるほど、掘った穴を埋める。
そして、もう一度周りを確認して、掘り起こす
土だらけになったパンを掘り起こし、他の場所へ持っていって、また穴を掘る。
そして、埋める。
大体3回ほど、同じ行動をして、結局最初の穴に埋めるのだ。

この一連の動作を見ていると、おかしくてたまらない。
こんな行動、都会の犬じゃ見れないよね。
食べ物を見つける特技は、きっと野良犬時代の名残だと思うけど、
犬の穴掘り&食べ物隠しを目の当たりにして、なんだかうれしいよ。
やっぱり、これは保存食なのだろうか?

先日、封を開けたばかりの犬のベジ食を、タマが2日間もまったく食さず、
おかしいと思って、袋を調べたところ、10KGの袋に穴が開いており、
その穴をガムテープで閉じてあることを発見。
購入したときに調べなかった私達の落ち度なんだけど、
どうやら、タマにとっては、湿気ていて食べれたものではなかったらしい。
(道端に落ちているガチガチのパンや、腐りかけの野菜は食べるのに、
どうして、湿気たベジタリアン・ドックフードは食べないのだ?)

そう、そして、私は見てしまったのだ 
2日間、食べるものがなかったタマが、保存食のパンを穴から掘り起こして食べているのを・・・・・・
やっぱり、野生の動物達は、食べ物を保存する本能があるんだねー。
・・・・・・・タマは野生じゃないけどね・・・・・・・
(ちなみに、新しいベジ食を購入し、タマの断食は2日間で終了しました。)

他にも、いろいろとバカ親のごとく、タマの面白話は尽きないけど、
私の人生の中でも、今ほど犬の観察をしてる事は、ないだろうな。
問題児で、目の離せないバカ犬だけど、ホント、かわいい奴なんだよ。

tama2

・・・・・ちょっと、犬バカ、しています・・・・
・・・・・・・・・・あっ、レゲブはもっと、「タマ・ばか」になってます・・・・・・・

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。