タマとレゲブと私。 今日も元気で、生きてます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウツウツの予感・・
2008年02月24日 (日) | 編集 |
最近読んだ記事の中に、うつをテーマにした特集記事があって、
結構、熱心に読んでしまったのだけど、
All About 2月のテーマ; 明日、「うつ」になるかもしれない

これを読んでいて、「まずいよなー」って思うことが多々あったんだよね。
もともと、うつッ気のあるほうだし(って本人が思っているんだけど)
一人でいることが苦にならない性質だし、思いつめちゃう系だし、
キッチンドリンカーなんじゃないか?って思っているし、
現在、大きな悩みを抱え中だし、犬としゃべっているほうが気が晴れるし
(・・・・って、これは何か他の病ではないか?もしかして?)
あげればきりのないほど、うつの傾向大有りじゃん、って思うんだよね。

どんな物事も、全ては気持ちの持ちようだと、いつも心得ているんだけど、
最近は、私のイスラエルのテーマソング、九さんの「上を向いて歩こう」すら、
口ずさまなくなっていると・・・たった今、気づきました。
これは、いけません。(上を見なければ、いけません)

傷心が長引きすぎ・・・・
人と話をするのも億劫になっている今日この頃。
ぱぁーと、気分の晴れるようなことがあるといいけど、
そんな調子よくもいかないだろうから、
天気がよくなったら、タマをつれて、冬の間停止していた、ウォーキングを再開しよう。
そして、九さんを口ずさんで、道端の花々を眺めて、
自己メンタルケアをしよう。

・・・・・と、自分自身に喝を入れているのです。
ちょっとした日常の変化が、新鮮な空気を取り入れることになるかもしれないしね。
そうそう、伸びっぱなしで白髪がちらほら目立ってきた髪の毛を何とかしよう。
そうすれば、気分一新、春に向けて、何かいいことがあるかも知れないもの 


コメント
この記事へのコメント
度々コンバンハv-39
ワタシもお店のブログ持っているので、載せておきますねv-219
ワタシのブログにリンクさせてくださいね。
さて、この日記読みましたが・・・ワタシ実は・・・うつ病なのですv-40
毎食後、抗うつ剤飲んでマス。でも、前向きデス。流行に乗るタイプですv-91(っていばれないか・・・)

さて、サッキ、直木賞作家の角田光代さんの「福袋」読み終えマシタ。

角田さんの作品は、な~んか<謎>の部分をいつも文章に含ませている感じで、確立した世界を持っている人だと、個人的に思っています。

なにか機会があればオススメデスv-81

では・・・またね!

タロウ
2008/03/29(土) 11:30:12 | URL | タロウ #-[ 編集]
リンクよろしくお願いします。うれしいですねー。
本当に最近はうつ傾向の人が多いみたいですねー。でも、こういうことをはっきりといえる環境になったって言うことも、面白いですよね。「私、うつなんです・・」って、一昔前は、なかなかいえませんでしたよね。
私は自己診断で、自分は「うつ」だと思ってます。やっぱり、流行ははずせませんもんv-221
角田光代ですね。早速調べてみます。
名前が古風な人ですね。若いのかしら?

2008/03/29(土) 17:09:28 | URL | keiko #-[ 編集]
コンニチハ。
山口は小春日和ですv-22
早速リンクシマシタ。
確認してみてくださいね!
角田光代さんは、多分見た感じ30代ですかね~???
今、最近芥川賞受賞された、川上未映子さんの新作を読んだのですが・・・小説のような詩のような・・・なんか哲学入ってて、、、よく分かりませんでした。。。「戦争花嫁」って題名なのですが・・・i-183

部分的には自分なりに理解できたのですが・・・


タロウ
2008/04/03(木) 08:31:26 | URL | タロウ #-[ 編集]
アメリの店内、素敵ですね。
私って、京都より先は、未知の領域なんですよね。チャンスがあったら、本当にタロウさんのお店に言ってみたいなー。
こちらでも、リンクさせてもらいました。
最近、やっと私にもクラシックブーム到来なので、フルートが吹けるなんて、カッコイイ!って、単純に思っちゃいます。
読書にフルートとカフェ・・・・タロウさん、アーティストですね。
2008/04/05(土) 13:43:37 | URL | keiko #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。