タマとレゲブと私。 今日も元気で、生きてます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母を訪ねて三千里
2007年06月17日 (日) | 編集 |
maruko1


イスラエルで生活をはじめた当初、言葉もよくわかんないから、
いつも子供番組を見ていたんだ。
そうしたら、出るわ出るわ日本アニメ。それも古!
それって私が、小学生のころだろ・・・っていうね。
中でも、この「マルコ」は、イスラエルでも名作とされているらしい。
さすがは、世界名作劇場。やることが違う。
レゲブいわく、マルコが放送されたとき、レゲブも含めイスラエル中の子供たちが、
マルコに釘付けだったんだって。(マジ?) 
しかも、号泣き。(ウソ!)


maruko


(やっぱ、この瞳にかなうものなし、か。)

まっ、イスラエルには、南米まさにアルゼンチンからの移民も多いから、
マルコの話は心を打ったんだろうね。
ちなみに、イスラエルでの題名は 「The Heart」 (ココロ 、そのままネ)

マルコのせいなのか、どうかはわからないけど、
それ以来、世界名作劇場のある歌が、頭から離れないんだよ。

ずんずんずんずん歩け、ずんずんずんずん歩け、
ずんずんずんずん歩け、ラッタカラッタタータ、

石橋の上を将軍のように、胸を張って歩け、

ラッタカラッタターラ、ラッタカラッタターラ、
ラッタカラッタターラ、ラッタッタッタ

歩ーきすぎて 足ーが棒だよ 
棒は長いよ 長いはフランスパン・・・・・


・・・・・・これ、タマと散歩しているとき、いつも口ずさんでいるんだよ・・・まずいって・・
それに、マルコじゃないし・・・
じゃ、何の歌なの? 
もしかして、家なき子?それともフランダースの犬?
んーーーー、世界名作劇場、奥が深い、侮れない。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。