タマとレゲブと私。 今日も元気で、生きてます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Monster-anime
2007年10月15日 (月) | 編集 |

monster

浦沢直樹作品は、「Master キートン」をあげれば言うことなしなんだけど、
最近、アニメのほうをダウンロードして見始めたら、これがもう、やめられないんだよ。

当然、「Monster」もマンガは全巻制覇しているし、いい作品なのはわかっているけど、
キートンの後だと、ストーリーのサスペンス性とキャラクターに偏りすぎていて、
あのキートンのような、知識を得るワクワク感とサスペンス性の、
微妙な緊張感が感じられなくて、ちょっとがっかりだったんだよね。
Master キートンが最高すぎる作品だから、仕方ないけど・・・)

今回、なぜ改めて「Monster」について書きたくなったかというと、
アニメの出来が、いいんだよ。
たいてい、マンガをアニメ化すると、放送クールに応じて、適当に話をカットしたり、
放送に都合よく編集されたりして、面白くなくなるんだけど、
Monster」は、全74話、一年半という長丁場で、
ほぼ原作を忠実に、いい仕事をしているんだよね。
内容を全て知っているにもかかわらず、アニメのストーリ展開に見入ってしまうんだよ。
マンガよりも、アニメのほうが、面白く感じてしまう。
(一話づつでなく、一度に10話づつくらい見ることを勧めるけどね)

10日間かけて、やっと全74話のダウンロードが終了。
(PCよ、ごめんね、こんなことばかりさせて・・・・・)
日本へ行くまでに、残りの25話を、制覇するぞー。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。