タマとレゲブと私。 今日も元気で、生きてます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルース・ブラザーズ
2007年10月14日 (日) | 編集 |

bluesbrothers

あっ、ブルース・ブラザーズの二人を見ただけで、あの曲が頭に浮かんでくる・・

そんな感じの、音楽を楽しみながら、おかしな二人を楽しむ、イカした映画だよね。
初めて見たときは、登場人物たちのすごさに、気づいていなかったし、
なんとなく、「なんか、有名な人たちっぽい」くらいにしか、感じていなかった。
(確か、中学生くらいのときに始めて見たんじゃないかなぁ?)

でも、今見れば、わかるのです。
あー、なんて、素敵な人たちばかりが、出演しているんだろう・・・
カッコイイ、なんて、みんなカッコイイんだー。

ミュージックコメディーのドタバタ劇だけど、ブルース、R&B、ソウルミュージックを楽しめ、
黒人音楽の底の深さを、豪華キャストで楽しめちゃう、という優れもの。
何度見ても、飽きないんだよね。

また、一つ、日本での買い物リストが増えてしまった・・・


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
久しぶりに彼のアルバムを購入しましたが、もう少しパンチが欲しかったです。彼の今までのメロウな曲はよいものもありましたが今回ははずれでした。でもギターがかっこいいトラック2と5分を越える大作のトラック8は聴き応えがあり、彼らしい曲です。 出ました殿下の新作
2007/10/20(土) 00:55:53 | ソウル・R&Bの思い入れ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。