タマとレゲブと私。 今日も元気で、生きてます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bob Dylan - Make you feel my love
2007年10月13日 (土) | 編集 |

ちょっと、恥ずかしいけど、レゲブとの思い出の曲なのです。

レゲブは、ボブ・ディランの超大ファン。
ボブ・ディランのアルバムはもちろん全てあり、ほとんど全ての曲の歌詞が、
頭の中に入っている、という、カルト的オタクなのです。

あれは、そう・・・・・・2001年夏、レゲブの部屋を始めて訪ねたとき、
レゲブが、好きな曲だといって、流してくれた曲が、これでした・・・・
(純情派だー、キャー どうーしようー402

実は私、本当に音楽には疎くて、そのとき、誰がボブ・ディランかも知りませんでした・・・
もちろん、英語の歌詞をすぐ理解できるほど、英語力もなかったので、
なんとなく、「いい曲だね」くらいにしか、聴いていなかったと思うのです・・・
その後、レゲブの部屋を訪ねるたびに、この曲を聴くようになって、
歌詞の意味もわかるようになって、レゲブとの関係も少しずつ構築されていき、
今に至る・・・というわけなのですが(のろけているわけではございません)、
今でも、この曲を聴くと、レゲブと初めて出会った頃のことを思い出すんだよね。

ちなみに、先日、この曲を聞いて、感傷に浸っていたときに、
レゲブに、「この曲のこと覚えてる343エヘッ」、てな感じでたずねたところ、
「何のこと?」と、当の本人、さっぱり覚えていませんでした。409
歌詞の内容からして、
「ここにレゲブの気持ちがこめられているんだわぁー、
なかなか、気の利いたことやってくれるじゃない、この色男」
くらいに思っていたのに、どうやら特別な意味はなかったようです。
(単にボブ・ディランを聞かせたかっただけ、なのか?)

歌詞は、ここに添付するので、興味のある人は読んでね。
Bob Dylan -Make you feel my love

まっそれでも、私はレゲブとの思い出の曲として、墓場までもっていくよ。
そうそう、葬式の時には、この曲だな。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。