タマとレゲブと私。 今日も元気で、生きてます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タマの隠れ業
2009年10月07日 (水) | 編集 |
昨晩はパラッっと雨の降った、涼しいイスラエルです。


DSCF0015.jpg

ご存知のとおり、いつもはこんな↑タマですが、そんなタマの恐るべき隠れ業を発見 アップロードファイル

いつも、タマはレゲヴとの朝の散歩を、それはそれは、楽しみにしているのです。
でも、昨日は、レゲヴが朝からキブツの散髪屋さんに行ったので、
レゲヴが出かけた15分ほど後に、私がタマの散歩に出かけようとしたんです。

そしたら、なんと!

タマはブタ鼻を地面にこすりつけ、フンガフンガと鼻息荒く、
寄り道コースの、ゴミ箱にも目もくれず、野良猫にも目もくれず、
レゲヴが通ったであろう100Mほどの道を(障害物アリ)、一直線に・・・もう、それは見事に、
ダッシュで、散髪屋さんまで辿り着いたのでした 嬉し泣き 

あえて散髪屋さんの周辺を回避しようとした私の努力は、報われることなしです どよ~ん

いや、マジで、犬の臭覚を侮ってはいけませんね~、すごいですね~ 
レゲヴだって、裸足で歩いているわけじゃないんですけど、
いったいサンダルのどこら辺から、コンクリートにレゲヴの臭いが残るんでしょ?

それにしても、レゲヴの臭いを嗅ぎ取っているタマの姿ときたら、爆笑でした わはは
全然、カッコ悪いんですよ わはは
なんか、もう、あわただしく、落ち着きなく、地面に鼻をすりつけ、ウロウロして・・・
私と散歩に行く・・・以上に、レゲヴを見つけることのほうが大事だったんだわね 無言、汗

辿り着いた後は、レゲヴが出てくるまで、タマは一歩もそこから動きませんでした dog
・・・・レゲヴも飼い主冥利に尽きる、でしょ。

これなら、レゲヴが行方不明になっても、タマは見つけ出すかもね~って、
もう一人の飼い主として、ちょっとすっぱい気持ちになってしまいました。
・・・・・・・・・・・・私は?ってね 困り顔

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・無言、汗

今日は私にタマレを作るきっかけをくれた、「富士丸な日々」の富士丸の訃報を読んで、
本当にびっくりして、穴澤さんの気持ちを思うと涙が止まりませんでした。
私が今まで飼っていた犬も猫も、老衰で最後まで看取ることが出来たので、
数時間前まで元気だった犬が、突然死するということが信じられませんでした。

もし、突然、今日、タマが同じように私とレゲヴの前からいなくなってしまったら・・・
考えたくないけど、いつか起こり得ることなんですよね。
タマは推定6歳、新潟のカンタロウは18歳・・・

タマとの時間を、大切にしたい、と改めて思う、今日この頃です ムフフ


ブログランキング・にほんブログ村へ ←よろしければ、最後に’ポチッ’とどうぞ。
コメント
この記事へのコメント
犬とは不思議な生き物なんですねえ.嗅覚がすごいとは聞いておりましたが、タマちゃんって、忠犬ハチ公よりもすごい!家のペサフは、主人に似て、看護犬なのです。私が病気になった時とか、遊びに来た友人が、玄関でこけた時なんか、”一緒に居てね.”というとじっと動かずに、見守ってくれるのです.特に友達がこけた時は、私が、氷とかタオルとか取りに家に戻ったりしてバタバタしていたのに、”ちゃんと一緒に居てあげてね.痛がってるから.”というと、ずっと座ってました.あと、けがしている人を見ると、においを嗅いで、”どうするの?”とやってきます。私が一度、高血圧で死にそうだった時には、一人だったので、ペサフのおかげで、なんとか持ち越した時もあって、”この子は人の気持ちがわかるのかな”と うれしくなります.でも、もしいなくなっちゃたら。。。.それを考えると泣けてきます。長生きしてほしいですね.
2009/10/08(木) 02:02:33 | URL | ゆき #-[ 編集]
ゆきさんへ
ゆきさんのペサフは看護犬ですか、えらいな~。
犬って、やはり飼い主の性格を写しますよね。
タマを見ていても、そう思いますよ v-398

犬って、本当に、素敵な生き物だと思います。
落ち込んでいる気分を察して、気がつくとそばでじっとしていてくれたり、
ペロッってほほをなめてくれたり、通じ合っているって感じるんですよね。
一緒にいられる時間を、大切にしたいですね。
2009/10/08(木) 12:25:29 | URL | keiko #-[ 編集]
タマちゃん、かっこいい~~!!!
警察犬みたいじゃないのっ!
パパのニオイを追って、ちゃんと散髪屋さんまで辿り着けたなんて。
もしかして、そのときのタマちゃんにkeikoちゃんはまったく見えてなかった?!
それって...ねぇ。

突然の死って、ほんとに受け入れがたいと思う。
病気と闘った場合は私の母のようにまだ若くても、苦しんだ所を見たのでもう十分と受け入れられる所もあると思うの。
だけど、突然の死!!!
それはほんとに受け入れがたいと思う!
しかもその死を誰のせいにもできない苦しさって、格別の辛さだと思う。
...いや、違うかな。
もし殺人事件や交通事故でも、親(飼い主)は自分を責めるかも。
いずれにしても、辛いわ。
愛するものを失うって。
2009/10/08(木) 15:49:14 | URL | 愛されている妻 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。