タマとレゲブと私。 今日も元気で、生きてます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ 老人と海
2009年09月29日 (火) | 編集 |
まだ冬時間に体が慣れず、毎朝6時前に目が覚めてしまう、イスラエルです ><

時計ばかりが冬になっても、体はそう簡単には行きません。
昨日までの朝7時が、今日の6時ってことですよ、奥さん、わかります。
昨日までタマにとって朝7時の散歩だったのが、時計は変わらずとも、
タマにとっては一時間遅れての散歩になるんですよ、奥さん、わかります。
そりゃ、タマも、「散歩まだぁ~」って、泣きたくもなりますわ dog
ま、それももうすぐに、時間と体がガチ合うようになるんですけどね・・・

あっ、ご報告だけですが、断食ダイエット・・・出来ませんでした、食べちゃいました。
パスタサラダにたっぷりカッテージ・・・とても、おいしゅうございました ムフフ


さて、ちょっと話題が、昔になるのですが、こんなアニメ知っています?
2000年の短編アニメーション部門で、オスカーを受賞した作品です。

Old Man And The Sea ( Animation )



なんとなく、聞いたこともあるし、見たような気もするのですが、
今回、改めてじっくりと見て、本当に感激してしまいました。
すごい、素晴らしい作品ですよ、皆さん。
コレがすべて手描きでかかれているなんて、想像しただけで悶絶ものです アップロードファイル
ちょっと・・・私もほんの趣味程度で絵を描くのが好きなので、
もう、もう・・・「いい仕事してますね~」って、思わず唸ってしまう、素晴らしさです。

作家のアレクサンドル・ペトロフさん、ガラス版に指で描いているそうです。
撮影しては、消してまた描く、の繰り返しで、あの独特のアニメーションになるんですね~。
ちなみに「老人と海」では、2万6千枚の絵を描いた、とありました。
指が削れてしまうんじゃないか・・・なんて、よけいな心配をしてしまいます ー∀ー ;

2000年のオスカーってことは・・・私は一大決心で、3度目のイスラエルに向かっている頃で、
そこからは、怒涛のイスラエル記が開始されたので、しばらく世捨て人になっていたんだわ。
なので、2000年ごろって、イスラエル以外のことは、ほとんど記憶に残っていないんだよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・無言、汗

レゲヴと二人で見たのですが、レゲヴは何も感じなかったそうです。
というか、ヘミングウェイの名作「老人と海」の内容も、つまらなかったそうです。
ありえない・・・・コレだけの名作、男のロマンじゃないのか?
・・・・という私も、どこまで深く理解しているかは、微妙なところですけどね ー∀ー ;

本当に、何度みても、ホレボレする作品です アップロードファイル



ブログランキング・にほんブログ村へ ←よろしければ、最後に’ポチッ’とどうぞ。
コメント
この記事へのコメント
温かみのある綺麗な絵ね。
ガラス板に描いては消し...って言うことは原画は残ってないってこと?
もったいないわ~。

2000年、2000年問題が大騒ぎになって飛行機も危ないとかで、家で年越しした記憶が。
keikoちゃんは大きな決心の大きな年だったのね!
2009/09/29(火) 16:25:02 | URL | 愛されている妻 #-[ 編集]
愛されている妻さんへ
そうなんです、原画は最後の一枚しか残らないそうです。
もったいないですよね~。

いろいろな意味で、重要な年でしたv-410
2009/10/01(木) 14:26:50 | URL | keiko #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。