タマとレゲブと私。 今日も元気で、生きてます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レゲブの怒り
2007年08月15日 (水) | 編集 |

今日のレゲブは、怒っている。
何に怒っているかというと、銀行。
レゲブは半年前に銀行員の勧めるままに、ある貯蓄に半年間積み立てることにした。
正直なところ、レゲブは銀行のことはまったく知らないし、興味がない。
そして、今日銀行員から、積み立てが終わったので、来てほしいと言われ、銀行に赴いた。
そして、怒った。
半年の積み立て、およそ50万に対して、一万円しかつかなかったからだ。
レゲブの怒りは収まらず、次の積み立てをせずに、怒り心頭で帰宅した・・・・という話。
・・・・・・・

一言いわせて・・・・・

なぜ、怒る?
一万円ついたじゃないか?
たんすに入れておいても、誰も一万くれないぞ。
だいたい、銀行で金を稼ごうなんて思っていたら、大間違いだぞ。
いったい、何十年前の話をしているんだ。
マイナスにならないだけ、いいじゃないか?
利子で金を稼ぎたかったら、銀子員のいうことを鵜呑みにするな。
利子で金を増やしたかったら、もっと、銀行の商品について学べ。
まったく銀行の商品について知識もなく、銀行員の言うままに貯蓄し、
幸運にもマイナスにならず、半年で一万円ついたのだから、
その銀行員に感謝はしても、怒る必要、まったくゼロ。


以上が、かつて銀行員だった私の意見。
これをレゲブに淡々と説いても、本人聞く耳持たず。
自分の知識不足を認めたくないんだよ、まったくね、困ったもんだよ。

今は、消費者が賢くならなくてはいけない時代。
日本は、銀行での貯蓄が国民に浸透しているから、銀行との付き合い方を知っているよね。
こっちは、ちょっと違う感じ。
レゲブの親なんて、数年前にやっと銀行口座を開いた、というくらいだからね。
まだ、銀行との付き合い方を、よくわからない感じかな。
レゲブも大差なしで、過去のいい時代のことばかりが頭にあって、
銀行にお金を置けば、大金がもらえる、とでも思っているらしい。

・・・・だ・か・ら・・・・・銀行なんて、単なる財布代わりなんだよ、実際ね。
儲かりたかったら、賢くなりなさい、って事だね。
以上、レゲブの怒りについての私的意見でした 


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。