タマとレゲブと私。 今日も元気で、生きてます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜の集会
2009年09月09日 (水) | 編集 |
昨晩は夢にうなされ、なんだか脱力感の、イスラエルです。

とっても、嫌な夢でした・・・

何かが寝室に入ってきて、レゲブに超ディープなキスをするんです。
それを横で寝て、見ている私が、レゲヴを起こそうとして、
「レ、レゲ、レゲブゥ~」 
と、手をばたばたさせて、叫んでいたんですね~、こわいですね~ アップロードファイル

まぁ、私がレゲヴにたたき起こされて、事なきを得たんですけどね、
なんだか寝不足で、ボーとしながら、二人で朝のコーヒーを飲んでいると、
レゲヴに、「日本人はゴーストを信じすぎだよ」って、失笑されました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・無言、汗

それも、これも、昨晩は特別な夜だったから、こんな夢を見たんです、きっとそうです。
脳が疲れていたんです、きっと、そうです。

というのも、昨晩はあの、巨大発電機問題を話し合う集会が行われ、
夜8時から始まって、およそ50人くらいが集まり、もう、そりゃー、大変な・・・
あきれて開いた口もふさがらない、喧々諤々の騒ぎが11時まで繰りひろげられたのです。

私達はメンバーではないので、何の発言力もないけれど、
発電機の騒音と公害に被害を受けている当事者として、参加したというわけです。
まぁ、私のヘブライ語能力では、難しい話や、50人がわめく言葉を聞き取ることは無理ですが、
何が話されているかくらいは、わかります。
会場は、騒音と公害をだす発電機には、断固反対の撤去派と、
何かしらの対策をして、このまま発電機を維持し、利益を得たい派との一騎打ち。

あーだ、こーだと低レベルな言い合いが繰り広げられ、
結局、今後も話し合いを続けていくという、なんとも、キブツらしい幕引きでした。
っていうのも、こうやってうやむやにしていくのが、キブツのやり方なんですよね 困り顔

それにしても、何が腹立たしいかって、コレだけ自然豊かで景色も良く、
最高の環境であるキブツで、これから生まれ、育っていく子供たちのことを、
目先の利益に目がくらんだ大人が、何も考えていないということです。
木を枯らせるほどの排気ガスを吐く発電機と、不愉快な騒音の中で暮らすために、
キブツの田舎生活を選んでいる人なんて、一人もいません。
それを、キブツを運営する側は、今発電機をやめたら損失がどれだけ大きいか、
あなたたちの年金がどれだけ減るか・・・等々、数字ばかりを見せつけ、
命の安全については、一切語ろうとしないのです。

・・・・コレってまさに、世界の縮図を見ているようなものですわ jumee☆faceA194d

今の世の中、どうやってCO2を削減するかということが、深刻な問題になっているのに、
排気ガスバリバリの発電機を、今、このご時勢に設置すること事態、
キブツって、アホだ、って思わずにはいられないのですよ。
それがわからない人たちの、集まりなんですわ ー∀ー ;

というわけで、昨晩は初めて、キブツの集会というものに顔をだし、
レゲヴは、あまりにアホな物言いの人たちに憤慨し、私は、久々にヘブライ語の騒音大合唱?
・・・の中で、100万個くらい脳細胞が消滅してしまったと思われます。
だから、あんな夢を見ちゃうのですよ ><

とりあえず、発電機問題、まだまだ続きます・・・


ブログランキング・にほんブログ村へ ←よろしければ、最後に’ポチッ’とどうぞ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。