タマとレゲブと私。 今日も元気で、生きてます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜はまだつぼみ
2009年04月04日 (土) | 編集 |
硬い桜のつぼみが膨らんできた新潟です。
イスラエルのレゲヴは、毎日急いで帰宅して、待っているタマの散歩にでかけているそうです。

あわただしく葬儀がすんで、今では泣くよりも父の思いで話しで盛り上がり、
大笑いしながら、父を思い出すときのほうが多くなりました。
こうして時間は過ぎ、思い出となっていくのだなぁ・・・と感じると、
親であれ、誰であれ、人の世の常を思わずにはいられません。

それにしても、日本のお葬式はなんて、大変なんでしょう。
外国かぶれしてしまった私には、とにかく理解できないことばかりです。
あれこれとやることが多くて、しきたりが多くて、困ったものです。
喪主を務めた兄は、数日寝ることもできなかったようで、
葬式が終了し、兄と姉と私でお坊さんに挨拶をして、すべてを終わらせたときにみせた、
ほっとした表情で、大役をこなした兄の気苦労が伝わってきました。

正直、父とはもう二度と会うことができないという実感がないんですよね。
すごく、変な感じです。
いつも、イスラエルに戻るときには、もう会えないかも知れない・・・と、
そう覚悟を決めて日本を発つからでしょうか?
今度来るときに、また会えるから・・・って、思ってしまいそうです。
それに、声が聞こえてくるような、そんな気もしてならないし・・・
初七日を終えたばかりでは、こんなものなのかも知れませんね。

今は悲しみも何もかも含めて、疲れたぁ~って、何もする気がおきなくて、
ちょっと放心な感じで、身をもてあましている日々です。
でも、朝と夕方のカンタロウの散歩で、季節が変わったことを感じて、
イスラエルのレゲヴとタマのことを思いながら、歩いている時間が、
私だけの、大切な、ひとときのココロの安らぎになってきました。
レゲヴとタマには、もう少しの間、二人だけでがんばってもらわなくては。

イスラエルはもうすぐ、ペサハ(過ぎ越しの祭り)、ホロコースト追悼日、
戦死者追悼日、独立記念日と、祭日が目白押し。
そして、私がイスラエルに戻る頃は、もう、夏まっさかり~ですねー。
新潟でおいしいものを食べ過ぎて、後で後悔しないように気をつけないと、
・・・・ね 


ブログランキング・にほんブログ村へ ←よろしければ、最後に’ポチッ’とどうぞ。
コメント
この記事へのコメント
おつかれさまでした
けいこさん、
おつかれさまでした。私の両親は77歳で、兄弟の居ない私は、いっつも心の隅には”長生きをしていてくれるからまだ当分は。。”という甘えがあり、帰国しても現実的な話は出ませんが、今年の夏は、家の父が”はなしておきたいことがあるからな”との事で色々話さないと行けないと思います。現実は厳しい!お母様の方はいかがですか??けいこさんも、一段落して、がくっとこないようにお体を大切に暮らしてくださいね。とにかく、おしゃべりするのが一番,鬱にならない秘訣だそうでいつでも寂しくなったらお便りとブログ待っております。。。ではまたね。
2009/04/04(土) 11:33:36 | URL | ゆき #-[ 編集]
泣くよりもお父様の話で盛り上がる・・・・そうなるんですね そうでもしないとやっていけないのかもしれませんね。
 日本の葬儀のしきたり・・・大変すぎますよね、私は知らないことばかりです。どうなることやら・・・・


ここはもう夏になりましたよ。もうタンクトップです!恐怖の蚊とハエの時期になって困ったもんです。
イスラエルの春がもっと長かったらいいところになるのにな~
2009/04/04(土) 17:37:22 | URL | liho #-[ 編集]
本当にお疲れ様でした
久しぶりに記事がアップされていて、ほっとしました。
私が言うのもおかしいのですが、ご葬儀、本当にお疲れ様でした。
少し落ち着かれたご様子で本当に何よりです。
まだ現実感がない感覚、少しわかる気がします。
私も祖父が亡くなった際しばらくそんな感覚だったのを覚えています。
でも、ご家族と笑って思い出話をなさっているご様子に、お父様もきっとご安心なさっているんじゃないでしょうか。

後で後悔…なんておっしゃらずに、ぜひぜひ美味しいものを山ほど満喫なさってください!
どうぞお体お大切に…
2009/04/04(土) 22:30:05 | URL | petite nina #APq4Dteg[ 編集]
>ゆきさん
葬儀ばかりは準備して出来るものではないですもんね。
ゆきさんのお父様のほうが、きっといろいろと考えているとおもいますよ。
母によると、父も自分の葬儀のことをいろいろと伝えていたそうです。
悲しいですよね。
母は気丈に元気でいますが、私がいなくなった後が心配です。
私もそろそろ友人たちとの時間も作って、日本滞在を楽しもうと思いますv-410

>lihoさん
やっぱり、もう夏ですよね~。
冬物を出しっぱなしで帰国してきたので、
イスラエルに戻ったら、やることがたくさんありますよ。
日本は気持ちのよい、春の陽気ですv-410


>petite ninaさん
お葬式って、本当にすごいですね。
びっくりなことばかりでしたよ。
ようやく落ち着く時間が増えてきて、食欲も出てきたので困ります。
食べすぎ・飲みすぎ注意報ですv-390
2009/04/05(日) 04:18:35 | URL | keiko #-[ 編集]
こちらの葬儀は初七日も1ヶ月法要も省略、しかも自宅ではしないのが主流。
畳に正座もなし。
家族は悲しみだけでも大変なのに、葬儀におわれるなんて…
でも忙しさで紛らわしてしまう意味もあるのかもね。

家族で集まって思い出話。
私はそれがお父様の一番の供養になると思うわ。
下着を買ってくれるようなお父様だったのよね!


2009/04/05(日) 09:16:09 | URL | 愛されている妻 #-[ 編集]
愛されている妻さんへ
葬儀が一番その土地柄を表すんですね。
新潟はまだまだ古い風習が、たくさん残っているみたいです。
そうそう、下着売り場に一緒に行ってくれる父でしたv-411
2009/04/05(日) 11:25:52 | URL | keiko #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。