タマとレゲブと私。 今日も元気で、生きてます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕等がいた
2007年07月29日 (日) | 編集 |

bokuragaita

たまたまダウンロードしたアニメをみて、今、ココロがオヨヨヨヨになってしまっている。
なんだ、これは!
青春、ど真ん中じゃないか!
高校時代って、なんか、切ない・・・・・って、今、思うのだ。

かつて、私にも憧れたものは、たくさんあった・・・・・・・
子供の頃は、ガッチャマンゴレンジャーに憧れて、

  白鳥のジュン                           モモレンジャー
shiratorinojun    や    momorenjya になって世界を救いたかった。


北海道を旅行する、ロングヘアのバイク野郎にもなりたかった。

学校の先生にもなりたかった。

フライトアテンダントや、海外旅行添乗員にも憧れた。(どんどん小さくなっていく・・)

しかし、何よりも、高校時代の青春カップルになることに、どんなに憧れたことか・・・・

それはそれなりに、高校時代を謳歌したけど、一つかけているのは、
こんなアニメみたいな、状況には至らなかった・・・ということだね。
なんかさ、こうして、年をとってさ、思うのさ、
「あの時、あーしていれば、今とは違う状況だなぁー」とかね。

そんな、ココロがムズムズするような、30半ばのおねーさんの気持ちを揺さぶるような、
青春超速球ーって感じのアニメなんだよなー。
まっ、所詮はアニメやドラマの世界だから、できすぎ、なんだけど、
やけに、高校生活の状況を、うまく描写しているところが、
ついつい、自分の高校生活とダブらせてしまうのだね 398
ついでに言うと、こんなことをいえるのも、この年になったからなんだわね 411

やっぱ、高校生っていう時間は、特別だよ。
うん、青春カップルにはなれなかったけど、楽しいことたくさんあったしね。
いい、仲間とも会えたしね。

そんな、ノスタルジアを感じながら、今日もアニメの続きを見よう 




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。