タマとレゲブと私。 今日も元気で、生きてます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宗教勧誘?
2008年09月14日 (日) | 編集 |
久々に、勧誘されました・・・多分エホバに。

満員のバスに乗り込こんだところ、いきなり、
「あなたは中国人ですか?」って、若い女性の人が聞いてきたので、
「いいえ、日本人です」って言ったら、
二人の女性がなにやら、がっかりしたような素振りをみせたので、
「あー、もしかしたら、自分の漢字のタトゥーの意味を教えてくれ・・・
とか言いたかったのかなぁ?」(よくあることなんです)
とか思って、たまたま空いた彼女達の後ろの席に座ったら、
「あなたは、ヘブライ語が話せますか?」
と、たどたどしいヘブライ語で聞いてくるので、「はい、話せますよ」と答え、
「では、英語が読めますか?」とも聞いてくるので、
「はい、読めますよ」と答えると、
「では、これをどうぞ」と、差し出されたのが、
なにやら宗教っぽい、小冊子でした・・・

ちょっと、困ってしまい、一応読むフリをして
「まずいなー、こんな満員バスで宗教の話なんかされたら、やだなー」
と思いながら、その小冊子をペラペラめくって、顔を上げると、
二人の若い女性はすでに、下車していました・・・
(いったい、どうしたかったんだ?)

小冊子の内容からして、おそらくエホバだと思うんだけど、
これで、3回目なんだよね、こういうやつ。
どれも、わたしが1人で町をウロウロしているときに、
すっごくフツーの人で、話好きなおばあさんみたいな感じの人が、
世間話を始めるんだよね。
まずは必ず「中国人?」って聞かれて、「英語は話せる?」ってね。
(まっ、はじめから私のことを日本人と思う人は、いないんだけどさ。)
邪険にも出来ないから、愛想よく話を始めると、
だいたい途中でこの小冊子が出てくるんだよね、で、「やられたぁー」って思うのよ。
何とか理由を作って、その場を立ち去ることにしているんだけど、
時には「お友達になったから、今度お家へ遊びに来てね」とかいわれて、
連絡先とかくれちゃったりするから、「やばー」いよね。

でも、みんないい人なんだよね。無理強いしないしさ。
ただ小冊子くれて、なんだか「人一人救いました」みたいに満足してさ。
宗教を信じる人っていうのは、熱心だなぁーと、改めて感心するのですよ。

私の場合、信じるものは自分のみ、が信条だから、
宗教は一切ノータッチ、ましてや新興宗教なんてもってのほか。
まっ、人さまに迷惑のかからないものなら、ご勝手に、って感じだけど、
彼らは、彼らの信じるもので、他人も救おうと一生懸命なんだよね。
キリスト教だって、かつては新興宗教だった事を思えば、
100年後に何教が世界に広まっているかなんて、わかんないよねー。

宗教の聖地イスラエルで、宗教勧誘されるって、なんだか変な感じ 




コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/09/21(日) 12:55:48 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。