タマとレゲブと私。 今日も元気で、生きてます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原爆の日
2008年08月06日 (水) | 編集 |
昨日はイスラエルでも、ヒロシマ・ナガサキの原爆のドキュメンタリーをやってました。

日本にいたときは、いつも夏休みだったし、
テレビで黙祷する人たちを見て、「あー原爆の日だなぁー」って思っていたくらいかな。
学校の「読書感想文」って、必ず原爆の本が入っていたし、
もちろんその中から選んで、読書感想文を書いたこともあるし、
何冊も原爆の本は読んだし、日本人ならヒロシマ・ナガサキの話を何かしら聞いて、
育っていると思うんだよね。
ユダヤ人の子供達が、ナチスのユダヤ人絶滅政策を聞いて育つようにね。

そして、久々に昨日のドキュメンタリーを見ていて、恐怖を感じたな。
巨大な破壊力の前に、人間はなんて無力なんだろうな・・・って思ってね。
小学生の頃、原爆の本を読んで、想像しただけで怖かったことを覚えている。
行き場をなくした人々が、熱さから逃れるために川に飛び込むのだけれど、
すでに川は焼け爛れた死体の山になっている・・・・って。
地獄絵だったんだろうな。
ヒロシマ・ナガサキは、アメリカの核爆弾の実験場にされたことは明白だし、
戦争とはいえ、一瞬にして、これほど多くの人々を殺害したことを棚にあげて、
浮かれて喜んでいるアメリカ人の姿は、まさに鬼畜に見えたよ。

今でも原爆のために苦しんでいる人達は、たくさんいるのに、
その現状を、どれだけの日本人が知っているのだろう?
8月6日の原爆の日だけ記念式典が報道されるだけで、
正直、私も被爆した人たちの現状って知らないし、それってよくないよね。
世界で最初に(そして、最後であってほしい)核爆弾を体験した国民として、
伝えていかなければならない、重要なことなのに・・・・・恥ずかしい・・

まずは、まだ行ったことのないヒロシマに行って、
平和な世の中について、もう一度考えないといけないな・・・・・
・・・・と思う、原爆の日でした。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。