タマとレゲブと私。 今日も元気で、生きてます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改めて、のだめカンタービレ
2008年07月27日 (日) | 編集 |
先日、友人が「のだめカンタービレ」のコミック全巻を送ってくれたのです。
(大人技だ!
ダンボールの中には20巻プラスおまけ巻がついて、ぎっしりと並べられていたのです。
涙・涙の感動でした。

アニメ版が9巻までの話と聞いていたので、
その後の話が読みたくて読みたくて、たまらなかったのですよ。
にしても、よく出来たコミックでした・・・(あっという間に読破)
120%楽しみました。
途中で、もう一度アニメ版が見たくなって・・・・
・・・・・だって、音が聞きたくなるんだよ、オーケストラの音が。
アニメ一気観をしたりしながら、コミックを満喫してしまいました。
本当に、面白いね、このマンガ。
千秋とのだめが恋人同士になってからのフランス編は、
じれったさに切なくなったり、お互いの才能を認めあいながら成長していく二人が、
いくらマンガの世界といえども、好感度100%なのですよ。
送ってくれたTSUKAさん、本当に、ありがとーう。

只今、読み込み3周目に入っております・・・・・
何度読んでもおもしろんだよね。
そして、またアニメでオーケストラを聴きたくなっちゃうんだよね。(ループだ)
やっぱり、日本のマンガは奥が深いなぁー。
黒木くんとのロバの獅子舞では、夜中にもかかわらず(レゲヴ寝ているにもかかわらず)、
声を殺して、大笑いしてしまいました・・(わかる人だけ、わかってください。)
日本語のボケと突っ込みって、文章にしても面白いんだよ、すごいよね。
今後の展開が楽しみだけど、これからは一巻ずつ待たなくてはいけないのか・・・・
ちょっと、悲しい・・・
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。