タマとレゲブと私。 今日も元気で、生きてます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命日
2010年03月28日 (日) | 編集 |
寒いけど、大丈夫・・・のイスラエルです。

今日は父の一周忌。
一週間ほど前から、昨年のことが思い起こされて、なんとも言えない気持ちでした。

父が検査入院をしたと知り、その数日後、珍しく新潟から電話がかかってきて、
様態が急変して危ない、と知らせを受けたその日に、日本行きの一番早いチケットを購入。
とにかく「二日後には新潟に到着するから」と兄に連絡を入れて、
新潟に到着するまで、一体どんな状況になっているのかわからないまま、
空港での待ち時間、飛行機の中、新幹線の中・・・
ずっと思考が停止していたことを思い出します。

2009年3月26日の19時に成田に着き、電話する時間もなく電車を乗り継ぎ、
新潟行きの新幹線の中で、やっと父がまだ病院にいることを知りました、
23時に新潟駅に着き、待っていた兄と一緒にそのまま病院へ。
新潟は雪が降っていました。

真っ暗な病院の廊下を歩き、父の病室で私を待っていた母と会い、
酸素マスクをつけ、意識があるかどうかわからない父に向かって、
私は、命いっぱい明るく元気な声で笑顔で「帰ってきたよ、お父さん」と言うと、
父の目は、うなずいたかのように反応してれたと感じました。

27日も28日の昼間も、様態も落ち着いて、顔色もよく、
このまま様態が改善すれば、父を家に連れて帰ることもできるかもね、
でも、まだ安心はできないし、どうなるかわからないな・・・
などと、家族で会話をしている矢先に、病院から心拍数が下がったとの連絡を受け、
急いで病室へ到着し、父の姿を確認して、ひとまず落ち着いたので、と、
担当医から別室で今までの経過を聞いている5分ほどの間に、
再び急変したと看護師が駆け込んできて、父の病室へ戻った時には、
もう父は呼吸をしていない状態でした。

次第に冷たくなっていく父の足をつかみながら、あぁ、父は逝ってしまうのだな、と、
私が帰ってくるまで、がんばってくれたのだな、と、そう思えてならず、
そして、もう何も考えることができず、ただボーと座っていました。

それからのことは、兄と母が葬儀についてあれこれと忙しくなり、
私は海外ボケと時差ぼけが相まって、頭の芯がボーとして、
でも、気の休まる間もなく、唯一、お風呂に浸かっている時にだけ、
声を殺して、泣いていたことを思い出します。

あれからちょうど一年・・・

父を病院から家へつれて帰る道のりの、ボサボサとふる深夜の雪も、
初七日を終え、ひとごごち着いた後の、満開の桜も、友人との花見も、
すべてが、まるで一つのシーンのように、私の頭の中によみがえります。

一周忌の今日、私は新潟へ行くことができなかったけど、
父の写真とお線香で、遠くイスラエルから、父の冥福を祈りました。


(すみません、コメントなしにしました)


ブログランキング・にほんブログ村へ ←よろしければ、最後に’ポチッ’とどうぞ。
スポンサーサイト
春の花
2010年03月22日 (月) | 編集 |
あっ、先週は記事を一つも書いていないわ・・・、のイスラエルです。

春ですね~
日本も桜が満開だったり、開花したり、春だなぁ・・・と、しみじみニュースを読む日々。

というイスラエルも、春の祭りペサハを目前にして、みな浮き足立ってます。
なぜか、祭りの一週間も前から、学校は休みになるし、どこも子供があふれているし、
こういうときは家に篭っているのが一番!と、つい社交性のなさを実感してしまいますわ 

そうそう、鹿たちのことですが、誕生してから見守り続けています。
でもね、どこをどう見ても、どこを探しても、チビが一匹しかいないんです。
3日目まではいたんですよ・・・里親に出すには早すぎるし、
おそらく生きていく力が足りなかったのでしょう 
残念だけど、これも自然の摂理と思い、残ったチビが元気に飛び跳ねる姿に癒されています。

さて、チビたちに注目しているうちに、イスラエルの花を紹介する時期を逃していたので、
オンタイムではないのですが、花の紹介です。

こちら、アネモネです。
これが咲き始めると、春が近いなぁ~って思うんですよ。
今は時期的には最後になるけど、まだ処どころに咲いています。
DSCF1873.jpg


こちらは・・・家のすぐ横に咲いている花です。
桜とは全然違うけど、ピンクってだけで、ほんの少しそんな気分を感じます。
DSCF1875.jpg


これも、名前知らず・・・で近所に咲いています。
最初に見たとき木蓮?!って思ったけど、違いますよね。
でも、どうやって調べたらいいのかわからないので、綺麗だな~でそのままです。
DSCF1616.jpg


これはイスラエルでもある一箇所にしか咲かない、貴重な花です。
ヘブライ語では「アドモニット」といいますが、芍薬ですね。
実はこれ2006年の時の写真で、時期でも咲いている姿を見るのは難しいのに、
その時は、あたり一面がアドモニットで、すごく感動したんです。
今年もそろそろ咲く時期が近づいてきたので、在宅のレゲヴと花探検もいいですね。
2006_0413diary0022.jpg


数年前までは、花を求めて毎週トレッキングをしていたのに、ここ最近はご無沙汰。
歳・・・ですよね~、やっぱり 
イスラエルの植物や自然については、本家BBの「自然」でたくさん紹介しているので、
イスラエルの春の花も含めて、お暇な方はそちらに行って見てくださいね 



ブログランキング・にほんブログ村へ ←よろしければ、最後に’ポチッ’とどうぞ。
産まれたぁ~!
2010年03月13日 (土) | 編集 |
って、私だったら良かったんですけど・・・
我が家のすぐ横にあるプチ動物園所属の鹿の子です。

DSCF1879.jpg

この動物園の子らには、毎日野菜の切れ端とか、草をあげたりとか、
タマも公認の、我が家の一員みたいなものなのですが、妊婦には気がつきませんでした。

今朝もレゲヴとタマが、毎度のご挨拶に動物園へいくと、昨日はいなかったはずのチビ発見。
レゲヴも興奮気味に「来て来て、赤ちゃんがいる」と知らせに来たのです。
そりゃ、もう、私も興奮しますわ 
まだヘソの緒がついて、立ち上がるのもやっとの赤ちゃんでした。

DSCF1892.jpg

しばらくじーと、新しい命の誕生をウフっ、ウフウフ・・なんて一人笑いしながら、
眺めていましたが、親子して隠れてしまったので、家に引き返したのです。


でも、まだ続きがあったんです。

お昼頃に暇をもてあまし、動物たちに草をやりに行ったレゲヴが、
「KEIKO~KEIKO~KEIKOOOO~」と連呼するので、家から顔出してみると、
「来て来て、カメラカメラ、もう一匹いる」って、満面の笑顔。
そりゃあ、もう、飛んでいきましたよ 

DSCF1897.jpg

DSCF1898.jpg

なんと、朝には一匹しかいなかったのに、もう一匹生まれていたようです 

まだヘソの緒をつけたチビたちが、柵のすぐ近くで、お母さんと一緒に日向ぼっこ。
まだ、起き上がるとヨロヨロとするのですが、
それでも、必死に歩こうとする姿が、なんとも言えずに感動ものでした。
カメラを構える私をジッと見つめて、視線を離さない母鹿に、
「良くやった、がんばったね、えらいぞ、心配しないで、何もしないから・・・」
とか、一人でニマニマしながら、語りかけてしまいました 

いや、それにしても、素晴らしい一日の始まりでした。
この2匹のチビたちは、もう、我が家の子同然!です。

DSCF1919.jpg

名前は何にしようかな・・・
 




ブログランキング・にほんブログ村へ ←よろしければ、最後に’ポチッ’とどうぞ。
イスラエルに菜の花?
2010年03月12日 (金) | 編集 |
を食するような、風流な食生活はございません。
しかし、思わず えっ!菜の花?と、わが目を疑う物体を見つけてしまいました。
ホラね、菜の花。一瞬、見た目が菜の花でしょ↓

DSCF1804.jpg

でもね~、やっぱり、ブロッコリー、どこから見てもブロッコリーなのですよ。
ただ、普段売られている大物からは似ても似つかない、粋なナリをして売られていたので、
菜の花を食べるという(新潟は菊も食べます)、洒落た食文化を持っている日本人が、
思わず、勘違いしてしまった・・・というつまらないオチです 

春のせいか、とっても日本の季節の食べ物が食べたくて仕方がなかったので、
無理やり、この小物ブロッコリーを菜の花に見立てて、しょうが醤油にすりゴマで、
和風な味付けにしてみたけど、やっぱり、ブロッコリーではいまいちでした。
やっぱり、ブロッコリーにはマヨネーズですわ。

DSCF1805.jpg

どうも、最近は何を作っても、何を食べても、満足できない日々が続いています。
どうしてでしょう??

何かが物足りないんですよ、味も食材も、食欲も調理する意欲も・・・
正直なところ、思いっきり鮭のムニエルが食べたい!とか、ラーメンが食べたいとか、
結局のところ、日本へ帰って、おいしいご飯が食べたい病です。
輝くコシヒカリと、焼き鮭と、お味噌汁の朝ごはんが食べたい~ 
と、絶叫したい気持ちを抑えています。

レゲヴと日本へ帰った時に、満足に食べたいものが食べられなかったので、
今頃になって、反動が来ているのかな?

ともあれ、レシピプログをみて、満たされない欲求に拍車をかける今日この頃です



ブログランキング・にほんブログ村へ ←よろしければ、最後に’ポチッ’とどうぞ。
散歩道
2010年03月09日 (火) | 編集 |
めちゃくちゃな気温の、イスラエルです 

一ヶ月ほど前に、私の住む場所に新しい散歩道ができて、
タマと私のお気に入りになっています。

まず出迎えてくれるのが、これ↓
DSCF1598.jpg

よくわかりませんが、結構GJです。思わず、お供え物したくなっちゃいます  


小道が続き、木陰になって、朝の散歩はすがすがしくて、本当に気持ちがいいです。
DSCF1599.jpg


休憩場所もあり、BQセットもあり、至れり尽くせり。
DSCF1818.jpg


タマはここに来ると、大喜びで、飛び跳ねるようにトコトコと進みます。
でも、撮影した日は、気温38度の究極の夏日となり、タマもバテバテでした 
DSCF1819.jpg


こんな散歩道が住んでいる所にあるなんて、イスラエルの田舎暮らし、サイコー 



ブログランキング・にほんブログ村へ ←よろしければ、最後に’ポチッ’とどうぞ。
困ったときのパエリア
2010年03月05日 (金) | 編集 |
春めいている、イスラエルです 

ほらね、タマも春の寝ごこちになってます 

DSCF1577.jpg


ちょっとばかり忙しかったので、冷蔵庫の中にはトマトときゅうりばかり。
とは言うものの、買い物に出かける気力もなく、でも何かウマイ物が食べたい。
こんな時ほど、日本のお惣菜コーナーが懐かしくなるものです・・・

でも、ここはイスラエル。
冷蔵庫の中にあるものだけで何が出来るかな~、とパパパッ!と作ってみたら、
今まで作ったパエリアで一番ウマイものが出来ちゃいました 

DSCF1767.jpg

玉ねぎすらなかったので、残っていた長ネギ数本とニンニクで炒めたお米。
それにスープのもとを入れ、冷蔵庫に残っていた野菜のオーブン蒸し焼きをのせ、
炊いて出来上がり、という超簡単料理。
見た目がパエリアなだけで、実はただの炊き込みご飯、じゃね?
・・・と思ってもスルーしてくだい 

料理って、手間暇かけて作るのもウマイけど、失敗すると悲しいし、
でも、意外とどうでもよく作ったのが、一番ウマイってことありますよね。
それと、空腹という名の最大の食材さえあれば、言うことなしですわ 


それにしても、昨日から食べても空腹感が収まらず、お腹が空くのは春の陽気のせいなの?


ブログランキング・にほんブログ村へ ←よろしければ、最後に’ポチッ’とどうぞ。
いろいろと
2010年03月03日 (水) | 編集 |
マジ、あと一ヶ月でペサハ?!のイスラエルです。

いやーなんでしょう、ご無沙汰していました。
っていうほど、ご無沙汰ではないのですが、ブログにまったく集中できない日々だったので、
私的には、ずいぶんとブログから離れていた気分なのですよ。

仕事というにはおこがましいような、素人絵なんぞを仕事にしようと、
やりはじめたのはいいのですが、イザ動き始めてしまうと、
あらゆることに対して、対処できない己の無能さと、
やはり無謀な策だったのでは・・・という自問自答の毎日で、
半ばパニック状態になっていました 

でも、多くの人の助けを借りて、勇気をもらって、縁をいただいて、
まだ形にはなっていませんが、私の素人絵を気に入ってくれる人と出会い、
なんとなく、動き出そうとしています。

こうして、自分自身も含め、何かに対して動き始めると、
この数年間、いかに自分が殻の中に篭っていたか、
そして、いかに人との交流をしてこなかったか、
何も考えずに、脳みそのしわを伸ばしていたか・・・

と、まあ、恥ずかしくなるほどに、無知で無能な自分が浮き彫りになり、
なんとも、落ち込んでしまいますが、過去の自分を悔いても仕方がないので、
これからの自分を鍛えて生きたい、と強く思う日々なのです 

いまだに、この変化に対応しきれない自分がいますが、
気持ちにムチ打って、弱気にならないように、多くのことを学んで吸収して、
無理せずにがんばっていかないとね、ですわ。

そうそう、私が変化に対応できずに、パニック状態になっていたとき、
レゲヴの言った一言・・・「ブログばかり書いていたからだよ」

・・・きっつ~ 、でも、直球、大当たり~、ごもっともです、旦那さま 


ということで、タマもレゲヴも私も、春のイスラエルで元気に生きている毎日です。
AgamonNachula02a.jpg




ブログランキング・にほんブログ村へ ←よろしければ、最後に’ポチッ’とどうぞ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。