タマとレゲブと私。 今日も元気で、生きてます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そして、大晦日
2009年12月31日 (木) | 編集 |
日本はもう新年明けちゃいましたね。

でも、イスラエルはまだなので、新年のご挨拶はおあずけにしておきます。
・・・とはいえ、あと2時間か


とにかく、「裏切り」なんて題目で、一年を締めくくるわけには参りません。

昨日の件については、後日談がありまして、
レゲヴのアバターは友人の都合によりキャンセルになる、というオチがついてしまいました。
まじで、「オイ・・・」って感じです。


さて、気を取り直して、恒例の我が家の大晦日の食卓です。

DSCF1285.jpg

マンネリですが、寿司と日本酒で、なんとなく大晦日を味わって終了。
そして、残った寿司をレゲヴの家族に届けて、一緒に締めくくりの乾杯をして来ました。

やはり、大晦日といえば、一年を振り返る、というのが慣わし?
ということで、私の2009年を総括すれば、まさに「ジャパン・イヤー」でした。
父が他界するという人生の節目もあり、2度の日本行きをして、
一年の1/4を日本で過ごしたことになります。
正直なところ、良くも悪くも、何もせず、何も残らなかった年とも言えますね。

それでも、最後はレゲヴとタマと一緒に、笑って一年を締めくくることができて、
まさに、「終わりよければ、すべて良し」という心境です。

この一年間、タマレに付き合っていただいた皆様には、感謝の一言です。
コメントには、いつも助けられたり、励まされたり、
読んでくれる人がいるというだけで、イスラエルでの日々が特別なものになります。
本当にありがとうございました。

Keiko
スポンサーサイト
レゲヴの裏切り
2009年12月30日 (水) | 編集 |
雨上がりのにおいが、なんかくさい・・・イスラエルです 曇2


あ~、私の心も、雨ザーザーで、しな垂れまくりですよ・・・号泣
ほら、タイタニックを超えるなんていって、話題になっている映画があるじゃないですか。
やっぱり、3Dで見ないとね、なんてレゲヴと公開当初から話しをしていたんですよ。

それにね、今日からレゲヴも専業主夫になっちゃったもので(あっ、言っちゃった)
ちょうどよく年末だし、まるで年金夫婦がそろって、お茶目に映画へ行くように、
映画と食事で、デートしようよ!ハート
くらい今年最後のイベントとして、私的にはとっても楽しみにしていたのです。
そして昨日、レゲヴに、「明日は映画に行こうね」と言ったのですよ。

だから、今日は、昨日買い込んだ大量の野菜の仕込みを朝から始めて、
午後の映画にあわせて、バタバタと忙しくしていたのです。
そして、ちょっと買い忘れたものを買いに行って帰ってくると、レゲヴは電話中。
電話を終えて一言・・・

レ「今日は、バラクと映画に行くことになったよ、男二人でデートだ」
私「・・・・・何の映画?」
レ「アバター」
私「・・・・・・ 無表情
私「・・・・・・無表情 」
私「今日は、私とアバター見に行く予定でしょ 無表情
レ「あれ?興味ないっていってたじゃない」(←適当)


もう、これほど、私の存在って、レゲヴにとっておざなりなものだったのか、
と思うと、心砕けまくりでしたよ どよ~ん

確かに、専業主夫になったレゲヴの状況を心配してくれる友人の誘いは大事です。
友人と会うことは大歓迎だし、どんどん会ってほしい。
でも、なぜに今日、なぜにアバター?

料理しながら、沸々と心砕かれたことに、怒りがこみ上げてきて、
「あなたは、全然私のことなんて頭の片隅にもないんだわね」
なんて、レゲヴに小言を言ってみたり、いじけてみたりしたけれど、
レゲヴは全くお構いなしで、「もう一度見に行けばいいでしょ」ってなものです。

でもね、一緒に映画を見に行くという行為に意味があるのであって、
3時間近くもある大作映画を、2度も無理やりレゲヴに見せている行為には、
全然意味がないんだよね。
そこのところがわからないいのが、男、いや、レゲヴなんだわ 号泣  

レゲヴから、記念日にサプライズプレゼントがあるとか、
素敵な、泣かせてくれるようなメッセージカードをもらったりとか、
私のことを120%考えてくれているような、粋な演出があるとか、
そんなことは、絶対にありえないことはわかっているから、期待もしないけど、
さすがに、今日の件については、凹みました jumee☆Feel Depressed4

まぁね、これがレゲヴだし、冷静になれば、たいしたことではないんだけどね。
・・・・・・・・・凹むわ jumee☆Feel Depressed4

一気に年末気分が下降線をたどっています おちこみ


そんな、もやもやの気持ちで、専業主夫になったレゲヴと過ごす今日この頃です ひよこ
(専業主夫レゲヴの事情については、後日更新予定)


ブログランキング・にほんブログ村へ ←よろしければ、最後に’ポチッ’とどうぞ。
タマ動物病院へ行く
2009年12月29日 (火) | 編集 |
nemu0

先週の話になります・・・

タマの片目が赤くなって、しきりに目をこするようになったんです。
でも、ほら、我が家は動物の自然治癒力に任せる教育方針?なので、
いつものごとく、様子をみよう、と言うことにしたんですね。

2・3日すると、赤みもなくなり、「ほらね、自然治癒」って思っていたら、
今度は違うほうの片目が赤くなりだし、タマもしきりに両目をこするようになって、
目やにや涙が尋常じゃない状態になってきたので、
これは大変!と、のんきな飼い主の重い腰を上げて、獣医さんへ行くことにしたのですわ。


さて、5年ぶりの獣医さん。

でも、獣医さん、5年ぶりとはいえ、捨て犬タマを覚えていてくれました。
あの時は、タマに埋め込まれていたマイクロチップの番号から、
タマを捨てた飼い主を、割り出すことができなくて、
いったい何のためのマイクロチップだ!って、怒ったものです。

まぁ、そんなこんなで、獣医さんと懐かしい話しで盛り上がっている間、
タマにはどんなにか、地獄の時間だったことでしょう。
診察台に上がらせられたら、もう、完全フリーズ。
タマを支えている手に伝わってくるタマの震えが、もう心臓飛び出そうな勢いでしたよ。 
とりあえず、目薬をもらって、状態が改善されなかったら、再来院ということでしたが、
結果は、目薬を一回点しただけで、改善され、現在全く問題なしです。
自然治癒力に頼らず、もっと早くに獣医さんへ連れて行ってやればよかったな・・・
と、飼い主として反省しています。

そして、獣医さんからは「ダイエットはどうなっているの?」
という、教育的指導が出てしまいました ー∀ー ;

今までうやむやにしていた?タマデブ説が、白日の下にさらされてしまったぁ~ どよ~ん

・・・なのに、レゲヴは未だに「タマはデブじゃない!」って言い張っていますけどね。
レゲヴ、タマバカもいいけど、いい加減にしないと・・・ ー∀ー ;

ということで、タマの来年の目標は、ズバリ!ダイエット でしょ アップロードファイル


ね、タマ アップロードファイル

nemu1

ねっ!

nemu2


ねってば!

nemu3

あ・・・逃げた 困り顔


ブログランキング・にほんブログ村へ ←よろしければ、最後に’ポチッ’とどうぞ。
獣の奏者エリン
2009年12月27日 (日) | 編集 |
Erin.jpg

ハマリました。
子供向けっぽいイメージがあったので、全く眼中になかったのですが、
原作が「守り人」シリーズ上橋菜穂子ということで、気にはなっていたんです。

まぁ、たまたま、暇だな~、最近見るアニメもないな~・・・
なんて思って、50話のエンディングに差し掛かっていることもあり、
つまらなければ、途中でやめればいいや、という気持ちで見始めたら、
これがなんと、子供向け、なんて甘い言葉では決して割り切れない、
めちゃくちゃ、深い、ハードな内容のアニメでした。

絵柄は、すごくシンプルで、ちょっと慣れていないと安っぽく感じるけど、
その分、獣の鋭さや恐さ、王獣の空飛ぶ美しさや、
残酷な殺戮を切り紙のような、独特な方法で表現する映像処理が、
本当に物語と合っていて、さすがはNHKのアニメと言わせるものでした。

やはり、原作が素晴らしいと、一年(50話)という長いクールでも、
見る人を唸らせる、クオリティの高いアニメが作れるんですよね。
いや、ほんと、感心しました。

・・・とは言うものの、私は一気に50話を制覇でしたけど、
一年間、毎週一話づつ見ていた方々は、お疲れさまでした、って言いたいです。


上橋菜穂子原作のアニメは、NHKでやってくれると、本当に良質アニメになりますね。
「精霊の守り人」も何度も見返すほどに、よいアニメですよ。
それ以来、「守り人」シリーズは、日本へ帰るたびに購入する作品となりました。
この人の作品は、アニメを見てから読んで、アニメキャラが読みながら動きまわる、
っていうのが、脳内映像になって、より楽しめると思います。

でも、この「獣の奏者」は見落としていました。
100%子供向けだと思っていたので、手にとって見ることもなかったです。
文庫版が2部まで出ているそうなので、4部までの全巻がそろうまで、待ちましょう。

それにしても、涙腺がゆるゆるになるくらいに、泣けるアニメです。

もう、スキマスイッチの「雫」が流れるだけで、泣けます。




元ちとせのバージョンも、鳥肌ものです。




お正月に、3日間の集中放送や、総集編があるようです。
超~お暇な方には、オススメです。



ブログランキング・にほんブログ村へ ←よろしければ、最後に’ポチッ’とどうぞ。
クリスマス・プレゼント!
2009年12月25日 (金) | 編集 |
サンタがやってきたぁ~、のイスラエルです。


なんのことはないのですが、
私の好きな「ほぼ日刊イトイ新聞」の、

旅の荷物に詰め込む本」のコーナーに、

私の投稿が載っちゃいましたぁ~~~アップロードファイル アップロードファイル アップロードファイル



それも、25日の一冊目~アップロードファイル アップロードファイル



ぎゃぁ~、サンタさんが来たぁ~ 嬉し泣き 嬉し泣き 嬉し泣き


・・・って、全部大文字になってしまうほどの、興奮を味わっています。

だって、投稿してからというもの、「載るかな?載らないかな?」
って、毎日、ドキドキしながら読んでいたんです。
随分と時間もたったので、「これは、ダメだったな・・・」って、
あきらめていたところに、キターって奴ですね。

それも、クリスマスの日に紹介されるなんて、
これはもう、サンタさんのプレゼント以外の、なにものでもない!
と、アラフォーの女が、断言しちゃうくらいの威力があります わはは

こちらが投稿が載っているコーナー
「旅の荷物に詰め込む本」2009-12-25 アルケミスト
(ちなみに、糸井さんと伸坊さんの「黄昏」も、オススメ!めちゃ、面白いです。)


サンタさん、ありがとう うわぁ・・・


ブログランキング・にほんブログ村へ ←よろしければ、最後に’ポチッ’とどうぞ。
粗食な食卓
2009年12月24日 (木) | 編集 |
おっ、今日はクリスマス・イブですか・・・の、イスラエルです クリスマス


今日は、久々の我が家の食卓事情 照れ笑い

ベジタリアン、そして粗食・・・が板についてしまっている我が家は、
作っている本人が言うのもなんですが、心躍るような、目に鮮やかな、
オォ~というような料理が、並べられることは、めったにありません。

それは、レゲヴが万年ダイエッターで、食に欲がない!ということと、
料理人である私の、料理への感心がそれほど強くない!ということに尽きます。

そ~なんです dog

レゲヴは何でもあるもので満足する人だし、極端、缶詰だけでいいって言うし、
私は、料理番組を見るのは好きなんだけど、それを作ろうとは思わないし、
レシピどうりの料理って、作れないんだよね・・・どよ~ん


・・・・と、まぁ、言い訳を述べたところで、いつもの我が家の食事 アップロードファイル

グリンピースご飯とキヌアと野菜炒め
DSCF1221.jpg

何の色気もない、定番中の定番です。
そして、こちら↓も2週間に一回は作っている、お気に入りハート

ひじきと高野豆腐とひよこ豆の煮物
DSCF1226.jpg

こういうのがおいしいと感じると、オババだな~って思いますね 婆さん笑う
ちなみに出来上がりに、さらっとオリーブオイルをかけると、ウマいです。

料理は嫌いじゃないけど、自分の知らない食材を使って、いろいろな味を試すほど、
食の冒険家じゃないし、食に関しては結構保守派なんだと思います。
知っている、母親の味付けしかできないんですよね。
あとは、まぁ、全ては て・き・と・う ってことです。
ある野菜をつかって、簡単な味付けで、手間がかからない、粗食って奴ですわ。

でも、最近、健康のことを考えて、使う野菜もバリエーションを増やそうと思っています。
今まで使ったことがなかった野菜や、あまり使わない野菜なんかも、
工夫を凝らして食卓の一品にしよう!と考え中 ファイト
特に色が濃くて、味の強い野菜ですよね。

・・・・・・・・・とまぁ、クリスマス・イブの今日も、
いつもと変わらぬ、粗食生活を送る予定の、我が家の食卓でした ひよこ


ブログランキング・にほんブログ村へ ←よろしければ、最後に’ポチッ’とどうぞ。
北光社が閉店!
2009年12月21日 (月) | 編集 |
良い天気の、イスラエルです アップロードファイル


そんなことよりも、私の懐かしい記憶がたくさんつまった思い出の場所が、
またもや、消えてなくなることとなりました・・・号泣

本屋さんの北光社

小さな、ほんとに小さな頃から、北光社に毎日のように通い、
立ち読みし、本を買っていました。
ちょうど、繁華街の古町十字路に位置するので、
「じゃ、待ち合わせは北光社で」
っていうのが、いつもの週末の言葉でした・・・号泣

会社の帰りには、必ず北光社に寄ってから帰宅していました・・・号泣

暇さえあれば、「北光社へ行ってくる」って、出かけてました・・・号泣

朝日新聞が、まさに新潟人の気持ちを伝えている記事を書いているので、紹介します。
古町衝撃また 老舗書店閉鎖へ (2009年12月21日)


あ~、泣かずにはいられません・・・号泣号泣号泣

新潟人にしかわからない話になりますが、
かつて新潟市の中心だった古町が、どんどん衰退化していて、
古町のすぐ近くで生まれ育ち、庭のように古町を自由に行きかっていた私に取っては、
大和デパートの閉店も、マクドナルド一号店の閉店も、北光社の閉店も、
何もかもが、胸を締め付けられるように、悲しくてならないのです。

これも、全てが時代の流れなのでしょうか?
何か、この古町の負の連鎖を、変えることができる策は、ないのでしょうか?
駅周辺の開発が進む今、古町はすでに、見捨てられた街なのでしょうか?

・・・・なんとも、胸が痛いです 泣く


ブログランキング・にほんブログ村へ ←よろしければ、最後に’ポチッ’とどうぞ。
新潟で大雪!?
2009年12月20日 (日) | 編集 |
光の祭りハヌカも終わり、いたって普通のイスラエルです 照れ笑い


ここ数日、日本から持ってきた小説に没頭していたため、
ニュースを読むこともなく、日々を過ごしていたら、
母の電話で、

「もう、真っ白よ~、25年ぶりの大雪で 雪だるま

なんて話をきいて、「あらま、それは、びっくりだね」てな感じです。
暖冬に慣れ親しんだ新潟人が、大慌てだったことでしょう。


思えば、あれは、花の中学一年生 ハート
学校の応援団だったか?それとも、部活の朝レンだったか?
雪の壁に覆われた、獣道のような小道を列になって歩き、
やっとの思いで学校に辿り着くと、先生に校門の雪かきを命じられ、
かじかむ手と足で、雪かきをしたのが、私の最後の雪の思い出。
あれから、25年なんだわね~ ムフフ

小学校一年生の甥っ子は、初めての大雪に大はしゃぎで、
顔も手も足も、真っ赤にして雪の中を歩いていたそうです。

そういえば、私が小学生の頃、校庭で雪合戦をして、
濡れた手袋や靴下を、教室の大きなストーブの周りにおいて
みんなで乾かしたわね~・・・ムフフ

なおかつ、もっと小さな頃なんて、家の前に雪山を作って、
ミニスキーをして、遊んだわね~・・・ムフフ



・・・あ、ヤバっ、
なんだか思い出が走馬灯のように流れて、目頭が熱くなってしまう うるうる

ともあれ、37年間生きているうちに、地球の環境はこんなにも変化しているわけで、
四半世紀ぶりの大雪なんてものがあったりもするんだわね。


そんなことを考えながら、雪の日の思い出がドンドンあふれてきて、
ちょっぴり、おセンチな気分なのです 雪だるま

それにしても、雪がしんしんと降るのは大好きです。
本当に、「しんしん」って音が聞こえてきそうなほどの静けさに包まれ、
真っ黒な空から、大きくて、真っ白な雪が、ボサボサと降ってくるさまを、
じ~と眺めて死んでしまいたい、って思うくらいに、好きです アップロードファイル


25年ぶりの新潟市の大雪を、動画でUPしている人がいました。
ははは、ホント、すごい雪だったんだね~ わはは




ブログランキング・にほんブログ村へ ←よろしければ、最後に’ポチッ’とどうぞ。
タマのファッション・デビュー
2009年12月14日 (月) | 編集 |
やっちゃいました・・・どよ~ん

とうとう、「犬を乳母車に入れて散歩」と、同等のカテゴリーに入ってしまいました 泣く
(ちなみに、カテゴリーは、「おバカ飼い主」と「良識飼い主」です。)

DSCF1200.jpg

買ってしまったんですよね~、日本で。
「靴も買っちゃおうかな、ブログネタ、ウフッ うわぁ・・・
なんて、下心がメラメラと燃えましたが、そこは、レゲヴの顔を思い出してやめました。
・・・レゲヴの顔も3度まで、ってね 無言、汗

画像のタマは、3回目の使用なので、済ました顔してますが、
始めて装着されたときなんて、フリーズして、出るものも出ないんですけど~ 怒り
ってな感じだったんです。
それが、3度目ともなると、余裕で「ほれ、早く着せて」とポーズまでしてくれます。

でもね、使ってみて実感。
これって、完全無敵に、飼い主の自己満足でしかないんですわ ー∀ー ;
使うまでは、雨の日にタマが濡れるとかわいそう・・・って思っていたのですが、
いざ使ってみると、タマとしては、濡れても何でも、散歩に行ければそれでOKなんですよね。

だって、フカフカ、モコモコの毛皮をまとっているんだもの、
多少雨に濡れるくらい、へっちゃらなのですよ。
ただ単に、飼い主の私の、タマを拭いてやる手間が、少し省けるだけ。

・・・そう、省けるはずなのに、レインコートのお腹の部分が泥で汚くなるので、
結局、毎回レインコートを洗っているって、どういうこと?
それじゃあ、タマは濡れずとも、私の仕事量に変化なし。
「こういうものは、道路が舗装されている、オサレな町で装着すべし!」
という結論に達しました。

まぁ、でも、やっぱり・・・
服を着ているタマがかわいいので、続行決定 わはは (←ね、だから、おバカ飼い主)

今日は散歩が、幼稚園児の帰宅時間と重なり、
服を着ている犬が珍しいイスラエルで、タマは注目の的。
「あ~、犬が服着てる~」「どうして~」と、後ろ指、指されまくりでした。
・・・なんだか、うれしいやら、恥ずかしいやら、タマって人気者 わはは (←おバカ飼い主)


ね~タマ、次は4足の靴ってのは、どうよ?
ポーズも板についてきたしね ハート

DSCF1219.jpg ←クリックすると大きくなります。



ブログランキング・にほんブログ村へ ←よろしければ、最後に’ポチッ’とどうぞ。
ダイエット日和
2009年12月11日 (金) | 編集 |
順調に雨が続く、イスラエルです 曇2

弟くんと一緒に過ごした3週間は、タマにとってはよいダイエットになったようです。
心なしかお腹が凹んだ気がするんですよね~。
まぁ、体重管理をしているわけではないので、
あ・く・ま・で、心なしか・・・、ですけどね アップロードファイル


さて、いつもレゲヴがランニング・マシーンを買いたがっていたのですが、
置き場所がない、ということを理由にして、OKを出さなかったんですよ。
でも、弟くんの引越し先には、マジで置き場がナイ!ということで、
弟くんの物を、我が家が レゲヴが、泣く泣く 喜んで、引き受けることとなりました。

もう、レゲヴ大喜び アップロードファイル

日本で貯めてきた脂肪を燃焼すべく、10KMのランニングに勤しんでおります。
タマも大喜びで、しっぽの回転をいつもより多く回しております うわぁ・・・

DSCF1189.jpg


私はと言いますと・・・

何が日本滞在で嬉しかったっていいますとね、到着早々に、
「痩せたね~」って、
さぁ、もう一度、
「痩せたね~」って、言われたことなんですぅ~ アップロードファイル

そーなんです。
イスラエルを発つ直前に計ったら、目標だった-5kg以上の成果が出ていたんですよ。
半年前に、まぁるくなってイスラエルに帰った私を知っているだけに、
家族の反応は早かったですね~。

いや、いや、ダイエットしておいて本当に良かったですわ。
マジで、心おきなく食べたいものを食べることができましたわ。
そして、しっかりと、私も脂肪を付けて帰ってまりました・・・って、ダメじゃん、それ!

・・・まぁ、というわけで、私も弟くんの置き土産に感謝なのです すきすき!

ランニング・マシーン・・・意外と楽しいです 照れ笑い


皆様には、心なしか痩せたタマの、妖艶な姿をご堪能いただき、
ダイエット日和を〆させていただきます・・・さよなら、さよなら、さよなら ひよこ

DSCF1186.jpg

・・・さぁて、週末も、ランニング・マシーンに励むぞ ファイト


ブログランキング・にほんブログ村へ ←よろしければ、最後に’ポチッ’とどうぞ。
嬉しいお驚き
2009年12月07日 (月) | 編集 |
完全冬装備で出かける、プチ冬型のイスラエルです 風

先日、嬉しい驚きが届きました ハート
日本滞在でお世話になった友人から、こんなにたくさんの贈り物。

surprise.jpg

一週間のJR pass の旅で大阪方面に行くことができたので、
旅の始まりに、一晩お邪魔させてもらったのです。
お世話になった私のほうが、何か贈り物をしたいと思っていた矢先に、
先手を取られてしまいました 照れ笑い

彼女とは短大の時に知り合って、一緒に始めてのイスラエルを旅した仲間。
そして、唯一、私が友人の結婚式に出席することが出来た、友人です。
それ以後、なかなか会う機会がなく、十数年目にして、ようやく会うことが出来たんです。

神戸のとっても素敵な場所で、いのししがダッシュするほどに自然が豊かで、
・・・あまりに場所といのししの話がミスマッチで、それはびっくりでしたが・・・ アップロードファイル

本当に絵に描いたように素敵な家族で、レゲヴも私も楽しい一晩を過ごさせてもらいました。
5歳の娘さんが、躊躇なくレゲヴと英語を話そうとするかわいらしい姿に、
レゲヴはもう、最初から最後まで彼女にメロメロだったんですよ すきすき!

会わなかった間に、友人にも、私にも、本当にたくさんのことがありました。
一晩ではとても語りつくせないけど、お互いが良きパートナーに恵まれ、
こうして再び会えたことが、何よりも全てを語ってくれたと思います。

そして、友人もかつて不妊に悩まされた経験があるので、いつも私の体を気遣ってくれます。
今回の贈り物も、そんな彼女の気遣いがとっても伝わってきて、
一つ一つを取り出しながら、胸が熱くなり、涙が流れてしまいました。

それにしても、新潟のスーパーには売っていないようなものがたくさんで、
さすがは関西圏・・・と、変に唸ってしまいましたよ グー

おしるこは、お正月の楽しみですね~ ハート 
たらこスパとチキンラーメンは、レゲヴのいないときのお楽しみですわ (ごめんね、レゲヴ)

今回の日本滞在では、久々に会う遠い友人との貴重な時間や、
思いもかけない素敵な出会いがあったりして、とても特別な滞在だったんです。
会いたかったのに、会えなかった近い友人もたくさんいましたが、
それは、次回の楽しみにとっておこうと思います。

改めて、友人の心遣いと、心温かな贈り物に、感謝の今日この頃です ムフフ



ブログランキング・にほんブログ村へ ←よろしければ、最後に’ポチッ’とどうぞ。
Via BACARO 
2009年12月06日 (日) | 編集 |
日本滞在記をせねば~・・・と思いながら日々を過ごしている、イスラエルです。


いやいや、のほほんとしていると、年が終わってしまいそうだ、と今、気づきました。
「師も走る」ほどの、気合のきの字も感じられないお国にいると、こんなものですわ。

さて、日本で撮った写真を見ながら、これを書かネバ!と思ったことをまず一つ。

新潟で、おいしいイタリア料理のレストランと、出会ったんです 照れ笑い

そちらがこれ⇒ Via BACARO 

ピザのおいしそうなお店をネットで探していて、見つけました。
なにせ、新潟を離れて10年なので、どんなお店があるかもわからないのですよ。
家から近く、窯焼きピッツァとあったので、レゲヴと訪ねたところ、ピンゴォ アップロードファイル でした。
ピッツァの生地がモチモチで、本当においしかった。
レゲヴはとにかく「4種のチーズのピッツァ」をえらく気に入って、

「人生で一番おいしいピッツァを食べた」 と言っています。

そのピッツァがこちら↓

DSCF0122.jpg


ベジタリアンなので、多くの種類を試すことはできませんでしたが、
メニューを見る限りでは、どれもとってもおいしそうです。
それに、私たちは見ることが出来なかったけど、ジャズのライブがあったり、
なかなか、オサレな本格イタリア料理でした。

あまりに気に入ったので、帰国前にもう一度行ったら、私達のことを覚えていてくれて、
新潟を離れる前に、さらに良い気分になって、おいしい食事を楽しんで、
ついでに、メンバーカードまで作ってきちゃいました ハート

「いったい、今度はいつ来れるかな~?」
「いつでもお待ちしています。」

そんな会話を最後に交わすことが出来て、今回の新潟滞在の締めくくりになったんです。

一年に一回、もしくは、レゲヴと一緒には数年に一回しか訪れない新潟。
私の故郷でありながら、私自身も訪れるたびに旅行者の気分を感じるようになり、
寂しさもあるけれど、世界を旅したときのように、その都度起こる出会いも楽しんでいます。


皆さん、新潟に立ち寄ることがあったら、寿司もそばも日本酒もオススメですが、
Via BACARO のイタリア料理もオススメですよ~。


ブログランキング・にほんブログ村へ ←よろしければ、最後に’ポチッ’とどうぞ。
冬の鯉のぼり
2009年12月04日 (金) | 編集 |
私達二人も「変革」の時期に突入?な予感がする、イスラエルです。

日本から帰国した直後に、予期せぬ出来事がレゲヴに起こり、
良くも悪くも、変化が必要になりそうなんです。
もう少し事態がはっきりしたら、お知らせしますね。

そこで、縁起担ぎに、こんなの飾っちゃいました アップロードファイル

koinobori.jpg


えっ、よく見えない?
これは、一体・・・・・・?




では、改めて、どうだぁ~ アップロードファイル



koinobori2.jpg


・・・・ホント、季節はずれですみません ー∀ー ;

成田空港で見つけて、「日の丸の代わりに飾ろうよ アップロードファイル
というレゲヴの言葉を真に受けて、買ったはいいものの、5月まで待つ予定だったんですよ。
でも、まぁ、これも縁起物だし、レゲヴもノリノリだし・・・

今飾らずして、いつ飾る! (by keiko)

ということで、飾っちゃいました わはは

いや~、晴天の青空に、勢いよく泳いでますわ。
縁起がよさそうですわ。


そんな、鯉のぼりを「フンッ!」ってな感じで見つめるタマ・・・

DSCF1172.jpg


レゲヴに「変化」が訪れるのは、本当に久々のことです。
私と結婚してから、始めての「変化」かも知れません。
レゲヴにとっての「変革」は、私たち二人にとっての「変革」。
私は、この変化を「好機・チャンス」として受け止めています。

レゲヴにとっては、多少辛い思いもするかも知れませんが、
そのレゲヴを、心からしっかりと支えられるほどに、
強く、賢い女にならなくては、です。

そんな思いをこめて、勢いよく青空を泳ぐ鯉のぼりを見つめています。
レゲヴ、ガンバ ファイト

(ワケのわからない記事になってしまいました・・・すみません。)


ブログランキング・にほんブログ村へ ←よろしければ、最後に’ポチッ’とどうぞ。
FinePix F70
2009年12月02日 (水) | 編集 |
今回の旅で活躍してくれた、コイツを紹介しなければ・・・と思いまして 照れ笑い

FinePix F70EXR

本当~に悩んだんです。
時間がない中、2日間ビックカメラに通って、もう、何がいいのやらワケがわかんなくなって、
結局、今までお世話になっていたFUJIが、使い勝ってがわかるし、好きだから、
ということで落ちついたという次第です。

出発前は、一眼レフに興味深々だったんですよ。
「あんな、プロっぽい写真が撮りたい」って、マジで憧れていたんです。
でも、実際に大量のカメラを前にして、値段を見てしまうと・・・

・・・弱気になります どよ~ん

本当に、これだけの値段のものを、自分は使いこなせるのか?ってね。
でも、もし、そばにレゲヴがいなかったら、そして、日本で暮らしているなら・・・
間違いなく、コンパクト一眼を手にしていましたね アップロードファイル

さて、話はコイツ↑に戻りますが、
買って後悔させない働きをしてくれました。
コンパクトデジカメで、この画質で、10倍ズームで、このお値段なら、文句ありませんわ。
あえて言うなら、ビデオがHDじゃないのが残念でしたが、
イスラエルの我が家のTVは、HDとは程遠い型なので、全然問題ないです。

旅の写真を何度も見直しながら、
「旅のお供に、よいカメラって、重要だなぁ~」って、実感します。

こんなタマも、10倍ズームだから ハート

F70-tama

一眼レフみたいに撮れる、ぼかし機能もあったりします。
何度か試してみたけど、あまりたいしたことない機能です。
でも、古いカメラでは、こんな↓写真は撮れませんでしたね ハート

F70-SP


これで、益々ブログへの意欲が増す・・・かどうかは、今後に期待ですね わはは


ブログランキング・にほんブログ村へ ←よろしければ、最後に’ポチッ’とどうぞ。
ボブ・ディランのX'mas
2009年12月01日 (火) | 編集 |
Christmas In The Heart

12月に入ったということで、ずっと、気に入って聞いているCDの紹介です。

クリスマスムードの全く感じられない北部イスラエルにいて、
クリスマスと全く関係ないユダヤ人と日本人夫婦の我が家では、
クリスマス的なことは一切していません。

でも、世界のクリスマス・ムードを知っているだけに・・・・

・・・・・・・・・・・・ ちょっとは、クリスマス気分を味わいたいわ~ 泣く

って思うんですよね。


そこで・・・
ボブ・ディランマニアのレゲヴが購入した、ディランの歌うクリスマス・ソング。

いい!すっごくいいです。

ディランじゃなかったら、レゲヴがクリスマス・ソングを聞くチャンスなんてなかったですわ。

年間行事として日本では定着しているクリスマス。
もちろん、日本人ならクリスマス・ソングの一つや二つ歌えて当然。
今回の日本滞在でも、あちこちがイルミネーションに飾られて、
お店ではクリスマス・ソングが流れて、関係なくてもなんだか嬉しい気分になるものです。

ディランの声で聞く、ちょっと大人な気分のクリスマス・ソング。
オススメです アップロードファイル






ブログランキング・にほんブログ村へ ←よろしければ、最後に’ポチッ’とどうぞ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。