タマとレゲブと私。 今日も元気で、生きてます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忠犬タマ公
2009年04月30日 (木) | 編集 |
のんびりと友人と会ったり、飲んだり、マンガ本を読んだりしていたら、
mixi に「更新がない」と書かれて、ちょっとあせった、田植え真っ盛りの新潟です。

あっという間に季節が移り変わっていますね~。
数日前には、冬のような寒さでしたが、GWはいつもいい天気になるんですよね。
昔からGWといえば、新潟の家では田植えでした。
親戚の家が農家なので、今の時期は大忙しで、母や兄が手伝いに行ってたんです。
今では行かなくなりましたが、おかげ様で、毎日おいしいお米を食べ、
もりもりと元気で健康に育つことができました

皆さん、我が家のタマが犬である!ということはご存知でしょうが、
猫のタマ・・・だと思われることもしばしばで・・・)
「犬のタマ」と命名されたことには、ふか~いわけがあるのです。
それが、これ↓ (クリックすると拡大します)

about tamakou

ハチ公ならず、忠犬タマ公ですよ。うそじゃないんですよ。
そして、この雄姿、すばらしいですね~。

tamakou

おしりの穴もばっちりですよ

tanakou

このタマ公像は、小さな時からの通学路だった白山公園内にあって、
実は、だーれも知らないのではないかと思うところに、たたずんでいるんです。
そりゃあ、ハチ公像のように、待ち合わせに使われることもないでしょうけど、
私にとっては、忠犬といえば「タマ公」なんですよ。
ということで、我が家のタマは、すばらしい名前をもらったんですね。

心なしか、我が家のタマと似ているような気がするのは私だけ?
tama5

忠犬タマ公のように、雪崩で遭難したら、助けてくれる・・・はずもなく、
(・・・っていうか、イスラエルに雪崩はありえん)
我が家のタマが、いつの日か、活躍する日を夢見ている、今日この頃でした


ブログランキング・にほんブログ村へ ←よろしければ、最後に’ポチッ’とどうぞ。
スポンサーサイト
タマのおみやげ
2009年04月22日 (水) | 編集 |
暖かい雨の降っている新潟です。

レゲヴの誕生日にはケーキを買って、映像通話を通してですが、
レゲヴには食べたつもり・・・になってもらいました。
そして、甥っ子の柊からも、「誕生日おめでとう」と言われて、
会話のできない二人は、モジモジしながら映像通話してました。

regev35

昨日はタマのおみやげを買いに、私が新潟にいない間に開発が進んでいる、
巨大ショッピングモールへ行ってきて、ひゃーとか、どひぇーとか、
ペット産業を目の当たりにして、雄たけびあげまくりでした。
いったい、なんなのでしょう、あのペット商品の多さは・・・
どれもこれもタマのためにほしくて困りものでしたよ。
ちなみに、タマに靴下と靴を買おうとして、良識のある友人に止められました・・・
そして、我にかえり普通におみやげを選んだのが、これ↓

tama

tama

これ↑はタマと遊んでいるのを想像して、にまーとしながらの購入です。
今回の買い物で、犬を乳母車に入れて散歩しているおバカな人の気持ちが、
わかったような、わかりたくないような・・・そんな気持ちになりましたよ。
それにしても、犬を乳母車に入れて散歩っていったい・・・

ちょうど今日のニュースで、不況でもペットにかけるお金は平均25万円とか、
読んだような気がします。
ペット保険とかあって、子供と同じような扱いなんだそうです。
大変だねー・・・って、まるっきり人事なんだけど、
でも、レゲヴも日本にいたら、相当ハマルのかもしれないなぁ・・・

これ↓は、100円ショップで購入。
tama

イスラエルのお風呂場に、癒し効果抜群ですわ

ブログランキング・にほんブログ村へ ←よろしければ、最後に’ポチッ’とどうぞ。
ピンクの絨毯
2009年04月17日 (金) | 編集 |
花冷えの寒さが戻ってきた新潟です。
サイコーなお花見日和も終わり、さらっと雨が降った次の日、
予期せぬ出来事に、ココロが奪われてしまいました。
見て下さい、これ↓

aftersakura

これこれ、これですよ~↓

aftersakura

こんなの見たのも、新潟に25年住んでいたのに、初めてです。
まぁ、今年は朝・晩カンタロウとお花見観察だったので、
こういう現場に出くわす機会があったのは確かですが、これにはびっくりでしたよ。
風のない静かな雨だったので、こんな景色ができたんですね~、すごいですね~。
でも、ほんとのほんとに、これでサクラはおしまい。

今日は、朝の散歩をしながら、赤ちゃんの頭の毛みたいに、
ポヨポヨと新緑を出してきた柳を眺めて、バカボンの歌を歌って歩きました。
♪やなぎのぉ~したにねこがいる だから~ねこやなぎぃ~♪
♪これでいいのだぁ~ ぁこれでいいのだぁ~♪ ってね。

新潟市は「柳都 にいがた」って言うくらいに、柳の景色が売りなんですよ。
今は道路の私の家の前も、かつては堀があり、船で行き来していたんですって。
そんな風流な風景が今でもあったなら、新潟市は観光名所だったかもですね~。
ともあれ、新緑の季節はもうそこです。

実は、今日はレゲヴの誕生日。
いつもなら、お寿司を作って二人でシャンパンでお祝いですが、
今年はどーしようかな・・・?と考え中。
とりあえず、これを書いている今は、レゲヴがベッドの中なので、
起きてくる頃を見計らって、映像通話でサプライズをする予定・・・

・・・乞うご期待


ブログランキング・にほんブログ村へ ←よろしければ、最後に’ポチッ’とどうぞ。
お花見日和
2009年04月14日 (火) | 編集 |
お花見三昧の新潟です。

yozakura

昨日はお昼から夜まで、お花見をして過ごしてしまいました。
(お父さん、ごめんね
やっぱり、夜桜はカメラが良くないと、きれいに撮れないものなんですね~。

何度も言うようですが・・・今年の新潟は違う!
こんなに良い天気に恵まれるお花見は、新潟に25年住んでいたけど、
記憶にございません、ですよ。

お昼は高校の友人達と、花吹雪の中でのんびりお花見で会話が弾み、
夜は、幼馴染の仲間とお手製豪華お弁当を広げて、夜桜を酒の肴に、
懐かしい話が盛りだくさんで、会話が弾みました。
ちょうどすぐそばの白山神社でお祭りをやっているので、
名物ポッポ焼きを食べたり、たこ焼きを食べたり(まずかった)して、
地元ならではの懐かしさに浸った一日になりました。
そうそう、ポッポ焼きを知らない世界の皆さん、ポッポ焼きとは・・・

これ ↓
poppoyaki
そして、これ ↓
poppoyakiniigata

まぁ、昔懐かしい味・・・ってやつですよ

今日からは雨模様になるそうで、桜もおわりかな・・・っていうか、もうお腹いっぱいです。
飽きるほど堪能させてもらいました。
いや~、マジで、この先こんなに桜を愛でることはないでしょう。
でも、やっぱり、レゲヴに一度はこの日本の美を見せてあげたいな~。
父の三回忌には、レゲヴと一緒にくる予定なので、そのときに見ることができるかな?

・・・ちょっと、気が早いですね


ブログランキング・にほんブログ村へ ←よろしければ、最後に’ポチッ’とどうぞ。
さくら満開
2009年04月11日 (土) | 編集 |
びっくりたまげた・・・ってな感じで、さくら満開の新潟です。
そして、レゲヴとタマも、ペサハ(過ぎ越しの祭)でのんびりなイスラエルのようです。

sakura

この数日の天気で、つぼみだった桜がドッカンと咲いて、
新潟では珍しく、絶好のお花見日和が続いています。
カンタロウとの散歩で、朝と晩にお花見をしながらのんびりと歩いて、
酒盛りをしている人々を、「頭、春だね~」って、眺めるいると、
日本の春と桜が、どれほど日本人に大切なのか、
わかる気がしてくる・・・ような気もちになるものですね~。

という私も、せっかくの日本の春なので、仲間と夜桜でも楽しもうかと計画中。
新潟の花見というと、いつも雨と寒さで、お花見どころじゃねーよ~~~
なんですが、今年は、見事というほどに天候に恵まれています。
なんだか、死んだ父の仕業のような気がしちゃいますよ

甥っ子の卒園式から、小学校の入学式まで同行したり、
毎日甥っ子と一緒にいたりしていると、子供がいたらこんななのかな・・・?
とか考えたりしますが、それはそれ、ちょっと、おセンチな気分を満喫中です。

気の早い、五月の天気に恵まれて、鯉のぼりも毎日楽しそうに泳いでいるんですよ。
ほらね ↓
koinobori

レゲヴとタマと、一緒に散歩がしたいな~・・・って思う、今日この頃でした


ブログランキング・にほんブログ村へ ←よろしければ、最後に’ポチッ’とどうぞ。
シャーチュー?
2009年04月06日 (月) | 編集 |
ピンクの桜のつぼみが、やっと顔を見せ始めた新潟です。

昨日からずいぶんと陽気が良く、早朝の散歩も寒くなくなってきました。
そして、今日はなんと、リバーサイドにたくさん鯉のぼりが泳いでいるのを見つけて、
5分くらい、ぼーとたたずんでしまいました。
いやー、私、ホントに日本にいるんですね~

そして、そして、カンタロウの散歩の帰りに、ラーメン屋のおじさんが、
カンタロウにチャーシューをくれたので、喜んでかえってきて、
母に・・・
「シャーチューもらったよー、シャーチュー
とルンルンで言ってから、
「・・・あれ??シャーチュー??シャー・・・チュウだよね?」
「・・・・・って、お前、それ、チャーシュウだろ!
って、思わず一人突っ込みしてしまいました。

私の日本語もどうやら要注意のようです

レゲヴは、タマが毎日私の帰ってくるのを待っている、って言います。
本当かな~?って思うけど、でも、本当に待っているのなら、
毎日、私が来るであろう道を眺めているタマの後ろ姿を想像して
今から飛んで帰って、ぎゅーって抱きしめてやりたくなってしまいます。

イスラエルにいれば、日本が恋しくて、
日本にいれば、イスラエルが恋しい・・・
ココロって、わがままなものですね


ブログランキング・にほんブログ村へ ←よろしければ、最後に’ポチッ’とどうぞ。
桜はまだつぼみ
2009年04月04日 (土) | 編集 |
硬い桜のつぼみが膨らんできた新潟です。
イスラエルのレゲヴは、毎日急いで帰宅して、待っているタマの散歩にでかけているそうです。

あわただしく葬儀がすんで、今では泣くよりも父の思いで話しで盛り上がり、
大笑いしながら、父を思い出すときのほうが多くなりました。
こうして時間は過ぎ、思い出となっていくのだなぁ・・・と感じると、
親であれ、誰であれ、人の世の常を思わずにはいられません。

それにしても、日本のお葬式はなんて、大変なんでしょう。
外国かぶれしてしまった私には、とにかく理解できないことばかりです。
あれこれとやることが多くて、しきたりが多くて、困ったものです。
喪主を務めた兄は、数日寝ることもできなかったようで、
葬式が終了し、兄と姉と私でお坊さんに挨拶をして、すべてを終わらせたときにみせた、
ほっとした表情で、大役をこなした兄の気苦労が伝わってきました。

正直、父とはもう二度と会うことができないという実感がないんですよね。
すごく、変な感じです。
いつも、イスラエルに戻るときには、もう会えないかも知れない・・・と、
そう覚悟を決めて日本を発つからでしょうか?
今度来るときに、また会えるから・・・って、思ってしまいそうです。
それに、声が聞こえてくるような、そんな気もしてならないし・・・
初七日を終えたばかりでは、こんなものなのかも知れませんね。

今は悲しみも何もかも含めて、疲れたぁ~って、何もする気がおきなくて、
ちょっと放心な感じで、身をもてあましている日々です。
でも、朝と夕方のカンタロウの散歩で、季節が変わったことを感じて、
イスラエルのレゲヴとタマのことを思いながら、歩いている時間が、
私だけの、大切な、ひとときのココロの安らぎになってきました。
レゲヴとタマには、もう少しの間、二人だけでがんばってもらわなくては。

イスラエルはもうすぐ、ペサハ(過ぎ越しの祭り)、ホロコースト追悼日、
戦死者追悼日、独立記念日と、祭日が目白押し。
そして、私がイスラエルに戻る頃は、もう、夏まっさかり~ですねー。
新潟でおいしいものを食べ過ぎて、後で後悔しないように気をつけないと、
・・・・ね 


ブログランキング・にほんブログ村へ ←よろしければ、最後に’ポチッ’とどうぞ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。