タマとレゲブと私。 今日も元気で、生きてます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ささやかな夢
2008年11月29日 (土) | 編集 |
ein tamir

昨日は、ちょっと少なかったけど、程よく雨が降って、
今日は朝から、近くの国立公園で、プチトレッキングしてきました。

青空と、雨の後の澄んだ空気と、早朝の静けさとで、気分最高。
毎度の場所だけど、ちょっとポイントを変えてみたので、
角度の違った景色と、うれしい自然の生き物との出会いも会ったりしたんです。
詳しくは、後日、本家 Bananian Blue で紹介しますね。

治療中なので、あまり体に負担をかけない程度の、軽いトレッキングだったけど、
やっぱり、自然を満喫するときほど、イスラエルにいる幸せを感じるのですよ。
日本の自然とは違って、荒削りの、手入れのされていない、
「そのまんま」って感じのイスラエルの自然って、すごくはまるんです。

ほんの2時間ばかり(半分が休憩)のプチ・トレッキング。
これなら、毎週末、いけるかな・・・とか思いました。
今回は、レゲヴの友人と一緒だったので、タマはお留守番だったけど、
水遊びもできて、タマも絶対に気に入るでしょう。

いつも、感じていることなのですが、、
いつか、誰かが日本から来たら、絶対につれてこよう・・・って、
このイスラエルの美しい自然を、体験させて、共感したい・・・ってね。

・・・・・・・・・・私のささやかな夢なんです


ブログランキング・にほんブログ村へ ←よろしければ、最後に’ポチッ’とどうぞ。
スポンサーサイト
ちょっと、痛い話
2008年11月25日 (火) | 編集 |
イスラエルで不妊治療を始めたとき、なんとなく、注射を打つんだろなぁ~、
ってな感じくらいの知識しかなかったんです。

はじめての注射器は、まるでペンのようで、針も液もセットされていて、
自分で自分に注射をするなんて、想像も出来なかったけど、
看護婦さんから、丁寧に取り扱いの説明も受け、注射の仕方も習い、
「やるしかない!」という意気込みで、プッチンとお腹に注射をしたのです。
それは、ほんの少しチクッとする程度の、よく出来た注射器でした・・・
あー、今思えば、あのペン型注射器は、子供のおもちゃのようなものでした・・・

そして、体外受精となったときに、津波のような変化が訪れたのでした。
イザコブ先生からいつものように、買い物リストを受け取り、薬局に行き、
受け取った品物を見ると、なにやら見知らぬ物品。
いや~な予感がして、その場で箱を開けてみると、

ドッヒャー・・・ (一瞬にして、蒼白になる自分がわかりました・・・)

ペン型注射ではなく、なにやら、銃弾の弾のようなものがずらーり。
・・・・・・・
「もしかして、飲むのこれ?」ってな妄想をするほど、混乱していました。
速攻に、看護婦さんのところへ駆け込み、
「これ、これ、これ・・・何ですか?
「あー、それね、自分でやるのものじゃないから、近くの病院でやってもらいなさい」
「・・・・・・・ 


頭、真っ白でした・・・爆弾投げられたような気分でした・・・
なぜって、この注射を毎日打たなくてはいけない上に、毎日病院へ行け、と・・・
イスラエルの病院事情って、最悪なんです。
注射一本のために、何時間待たされるんだ、それも毎日・・・仕事はどうする?
その頃は仕事をしていたから、仕事が終わってから、遠くの病院へ毎日・・・
・・・って、考えるだけで、もう、治療イヤだぁ~って、泣きたくなってしまいました 

そこで、キブツにある診療所に行って、
「こんなもの、もらっちゃったんですぅ~。
お願い~、どうやってやるのか教えてぇ~

って、泣きついたら、
「大丈夫、大丈夫、やる気さえあれば、誰にでもできるから。
自分でインシュリン打つ子供だっているんだからね」

と言われ、1から10まで教えてもらいました 
それが、これです。

injection

ふつー、こんなものもらって、あわてない一般人はいません。
(ちなみに、注射器と針は、診療所からもらっています。別売りです。)
看護の勉強もしていない奴が、許可もなく、見よう見まねで、
こんなものを取り扱うことができるものなんですねー、すごいですねー。
よく新潟の母が、「向井さんが、自分で注射していたわー」って言っていたのが、
ようやくわかりました・・・って気分です。

今では慣れたもので、ちょちょいのちょいって、できるようになりました。
どんな注射であろうとも、きっと1人で打つことが出来るでしょう。
これも、不妊治療のおかげです・・・?
ちなみに、これ、痛いです。
チクッどころではありません。
お名前は「Menogon」君です。
よろしくね 

ブログランキング・にほんブログ村へ ←よろしければ、最後に’ポチッ’とどうぞ。
繭玉の怪・・・
2008年11月24日 (月) | 編集 |
調子にのって、巨大繭玉を連日作成中。

残りの3つの裸電球ように、つくったのですが、
んー、なんといいましょうか・・・
神社のお祭りなんかの、夜店の屋台によくある、あれ、あれですよ、
風船の中に水の入った、釣り針で吊り上げる・・・
水ヨーヨー??・・・健康ボール??・・・すっかり名前を忘れました・・・
その、仮に水ヨーヨーと呼びましょう、その、水ヨーヨーのようになってしまいました。

lanp3 lanp4 lanp5

こんな模様の水ヨーヨーって、あったよねー。
(最後のやつなんて、四谷怪談できそうですよ・・・ 

なぜ、こんなデザインになってしまったかといいますと、
レゲヴの、
「真っ白なんてつまんないから、なんか、工夫したらぁ」
・・・なんて、無責任な言葉に乗せられて、調子よくお絵かきをしたのです、
そこまでは良かったんですが、お絵かきが乾かないうちに、第2弾の和紙をつけたら、
全部、にじんでしまったのです・・・

いや、レゲヴのせいではございません。
全部、私のミスなんです・・・レゲヴがよけいなアドバイスをしなければ ・・・

面白い効果ともいえるけど、やっぱりシンプルな白が、一番いいなぁ・・・
そこにちょこっと、押し花系の上品なアクセントのほうが、素敵だなぁ・・・
・・・って、学びました 
せっかく作ったので、もちろん使います。

とにかく、作る工程が楽しい! そしてライトアップしたときの喜びがいい!
これは、完全にはまりました。
もっといろいろなもので、試してみようと思ってます。
ちなみに、巨大繭玉製作中ときのタマは、こんな感じです。
ひまなようです・・・

tama11


ブログランキング・にほんブログ村へ ←よろしければ、最後に’ポチッ’とどうぞ。





手作りランプシェード
2008年11月23日 (日) | 編集 |
一年間、暖めて続け、やっと重い腰を起こして作ってみました。

家は賃貸だし、「いつ引っ越すかわかんないもーん」(注:引っ越す気はなし)、
と駄々をこねて、家中の電球は全て真っ裸の裸電球 だったのですが、
先日、契約の更新をしたし、「んじゃ、そろそろやりますか・・・」ってな感じで、
作りだしたら、やめられません。

・・・一年前に、日本へ帰ったときに、材料はそろえておいたんです。
仕込みはOKだったんです・・・ただ、やる気に問題があっただけで・・・ 

さぁ、手作りランプシェードの作り方です。

まずは、適当な大きさに風船を膨らませ、口を閉め、コップなどに乗せます。
そして、障子用ののりを、水に溶き(たらいなどの底が平らな物がよいでしょう)、
その中に、障子紙を適当な大きさにちぎりながら、浸していきます。
そして、張る、張る、風船に張るのでーす。(端を重ねながらね 
すると、こんな感じに仕上がります。
lanp

乾くまで待ちましょう。(ちなみに、半日かかりました)
和紙一枚では、ちょっとココロもとないので、
乾いたら、再度、和紙を貼り付けます。
そのときに、押し花や、枯葉や、糸などを一緒に貼り付けると、
ちょっと、アートな感じの仕上がりになりますよー。
2度目を全部貼り付けたら、また、乾かします。
だいたいここで、一日が終わりますので、お夕飯を作り 
お風呂に入りって、一杯やって 、明日が来るのを待ちましょう。

さあ、朝です  気がかりな繭玉を見に行くと、バッチリ乾いてます。
では、風船の結び目をはさみで、チョッキリと切ってしまいましょう。
プッシュゥ~、と風船が縮んで、あら、まぁ、大変 ・・・巨大繭玉の完成です。
lanp1

あとは、針金を巨大繭玉の口よりも大きめにして、輪を作り、繭玉の中に入れます。
どうやって固定するのかは、各自、それぞれ工夫してください。(無責任・・・)

lanp2
あら~、素敵・・・巨大繭玉、点灯しましたぁ~

はじめて作ったわりには、なかなか満足のいくものが出来て、上機嫌。
レゲヴは、「まぁ、いいんじゃない」という、実にそっけない反応。
我が家には、裸電球がまだ3つもあるので、追加製作決定です 


ブログランキング・にほんブログ村へ ←よろしければ、最後に’ポチッ’とどうぞ。
夢見るタマ
2008年11月20日 (木) | 編集 |
朝から曇り空で、天気予報では雨がふるかも・・・といった感じ。
時折、黒い雲がくるので、「降るかな?降るかな?」と空を見上げては、
干したばかりの洗濯物が、気になって仕方ありません(洗濯しなければ良かった・・・)。

タマは野生の本能なのか、人間には聴こえないカミナリの気配でも察知するのか、
家の中から出ようとせず、ベットの近くで寝ているし 

tama10

時折、「フンガフンガ」と息をし、ピクピクッと動いているので、
夢を見ているようです。
それも、悪夢 
なんだかフンガフンガ、ピクピクが尋常ではない動き方になってきたので、
「タマ!、タマ!」と声をかけるのですが、まだ起きずに痙攣続行。
「タマ!タマ!、大丈夫だよ。」と体をさすりながら、呼ぶのですが、
起きようとしているのか、夢の中なのか、白目を見せて、ピクついてます 。
・・・怖よ、タマ・・・

一分くらいかな、体をさすって、呼んで、ようやく目が開いてくれました。
どうやらタマも放心状態のようです。
一瞬、どこにいるのかわからないような目つきで、ボォーとしています。
やっと状況を把握したのか、「ウウーーーーーン」と体を伸ばして、
また寝てしまいました  (あんたって・・・ 

まっ、こんなこと、タマにはよくあることです。
犬も夢を見るんだな、って結構、新鮮な発見でした。
ピクピク具合からして、あんまり楽しそうな夢ではないようですが・・・

寝ているタマの耳や肉球を、いじって遊ぶのが、私とタマのスキンシップ
・・・と思っているのは、もしや私だけ?
タマは多大な迷惑を感じているのかな?

・・・悪夢の元凶は私だったりして 


ブログランキング・にほんブログ村へ ←よろしければ、最後に’ポチッ’とどうぞ。
5度目突入
2008年11月18日 (火) | 編集 |
今日は、婦人科のイザコブ先生に会ってきました。

「KEIKOOOO、マイダーリン、元気だったか?」
と、相変わらず元気いっぱいのイザコブ先生でした 
本当にこの人、いつ寝て、いつ帰宅しているんだろう?って思うくらい、
超働き盛り?で、「先生、大丈夫?」ってこっちが心配したくなるほど、
毎日精力的に活動している、不妊治療の先生なのです。

そう、4度目が残念賞になってから、やく一ヶ月。
お腹の休息期間も終わり、5度目について先生と打ち合わせをしてきたのです。
まだ、あきらめていません!・・・・
・・・・・っていうか、正直、「誰か、私をとめて~」って感じです。
意地になっているところもあるけれど、未だに、「もしかしたら・・・」が捨てきれないんだなぁ

それと、レゲヴが続けることに積極的だ、ということも、あるんだよねー。
とうとう、父性本能にめざめたか?
まっ、毎週末恒例の、親族大集合で、かわいい子供達や赤ちゃんが、
ちょろちょろしていれば、誰だって父性本能くすぐられる、っちゅうに。

ねずみ年は自分にとっても特別だし、ねずみだし、子宝だし、なんかいいことあるかも・・・
なんて始まった2008年は、体外受精に始まり、体外受精に終わる・・・予感が・・・
4度目が残念賞だったときに、親に電話したら、
「あんた、いい加減やめたらぁー、子供いないほうが楽よー」って、
あっさり言われちゃいました
気を紛らわせようと思って、言ってくれたのはわかるけど、そりゃキツイってお母さん
もうちょっと、気の利いた言葉はなかったんかい・・・

まぁねー、親の言うことも120%わかっているんだよねー。
でも、あきらめきれない自分に、結構うんざりもしているだけどねー。
まるで、もう一回やったら、大当たりがくるかも、ってパチンコやめられずに、
結局、墓穴掘っちゃう・・・って人?そんな感じ?
それ以来、母親にプチショックで、連絡していないんです。
ほらね、墓穴・・・

今週の金曜日から、またまた、お腹に注射が始まります。
ちょっと気がかりなのは、治療期間とレゲヴのミルイーム(兵役)が、バッチリかさなること。
やだなー、もう。

タマと二人でレゲヴのいない10日間を、何とか乗り切らねば 
そして、10日間も地の果てで兵役をするレゲヴのために、おいしいもの作らなくちゃ


ブログランキング・にほんブログ村へ ←よろしければ、最後に’ポチッ’とどうぞ。

タマとお散歩
2008年11月17日 (月) | 編集 |
今日、朝から、お絵かきに出かけてました。
というのも、昨日タマと散歩していて、偶然お花畑を見つけちゃったんです。
エヘッ

お花畑は大げさですが、でも、お花の塊を見つけたのです。
一応、趣味で絵手紙なんぞをやっているので、こういうものを見つけると、
たまらん~、描きたい~・・・って、ウズウズしてしまうのです。
・・・ということで、朝から、お絵かき道具一式をもって、画家気分ですわ 
ふぅー・・・・燃え尽きました、楽しかったです。

そうそう、昨日はタマとのマンネリな散歩を改善しようと、カメラ持参だったんですねー。
早速タマは、ゴミ箱?の上のカチカチパンを発見。
だいたい誰かが、野良猫のためにおいておくのだけど、タマは見逃しません。
ピョーン、ピョーンと飛び上がってみますが、あえなく届かず。

tama8

そこで、お決まりの「取って」ポーズ。

tama9

カチカチパンを一つ取って与えると、くわえて近くの茂みに隠し、
戻ってきて、再び「取って」ポーズ。
何度もこれを繰り返し、いい怪訝飽きたようで、突然プイッっと散歩の続きが始まります。
結局食べないのに、どぅーしてこうも、食い意地がはっているのだろう?・・・と、
飼い主としては、ちょっとさーびしい気持ちでした。

でも、タマも気持ちよくお散歩して、カチカチパンも忘れて、
景色もよくって、お花畑も見つけて、なかなか、楽しい写真撮影付きの散歩でした。
ゴミ箱の画像ばかりでは、気が引けますので、こちらを最後に。

hanita

こんなところに住んでます。
お花畑については、本家 Bananian Blue に載せました。

いつもコメントいただいてる 愛されている妻さんのお庭のサフランを見て、
「きれいだなー、いいなー」って思っていたら・・・ウフフ、お花の塊です


ブログランキング・にほんブログ村へ ←よろしければ、最後に’ポチッ’とどうぞ。



宮崎アニメ
2008年11月16日 (日) | 編集 |
昨日は、「となりのトトロ」をみて、癒されました。

たまーに、宮崎アニメの力が必要なときがあるんだよね。
そして、特にトトロ。
何度見ても、いいわぁ~、癒されるわ~、
メイって名前の子供がほしくなるわぁ~ 

・・・・・って、ポニョ~ンて感じな気持ちになるのです。
そうそう、ポニョといえば、ポニョもDVD発売まで待ちきれなくて、
ネットで流れていたから、見たんです。
いやー、うわさでは聞いていたけど、本当にあるんですねー、映画館での隠し撮り。
途中で、人が立ち上がらなかったら、これが映画館なんて、わかりませんでした。
よくやるなー、って、感心ものですよ。
いったい、どうやって、映画館で隠し撮りなんて出来るんだろう?
って、普通に不思議です。
イスラエルのアラブの市場で売られているDVDは、みんなこの手の物だそうです。
あっ、ポニョは、DVDが出たら買いますね。
ヘブライ語字幕でも、出てくれると良いんだけど・・・

いつものことながら、何十回と見た宮崎アニメに、未だに泣けます。
もう、お約束の場面で、必ずきちゃいます。
それを、レゲヴが横で見て、いつも笑っています。

ポニョでいろいろと、宮崎監督言われていたみたいだけど、
私にとっては、このお方、なくてはならないお人なので、
まだまだ、現役で作品を作ってほしいなぁー、って、ココロから思うのです。
私にとっては最大の癒しなのです。

あ、もう1人の生きた癒し系タマは、最近、熟睡ばかりしています。
ちょっとばかり、肌寒くなってきたからかな?
小屋から出ずに、一日中寝ています。
それをこっそりと覗き込んで、にまー って笑って、癒されてます。


ブログランキング・にほんブログ村へ ←よろしければ、最後に’ポチッ’とどうぞ。


楽しみな番組
2008年11月13日 (木) | 編集 |
インターネットって、本当に便利だな~って、つくづく思うことが一つ。

もちろん、メールやブログや、バーチャルマップから、友達づくりまで、
ありとあらゆるものが、インターネットの中に流れているんだけど、
何よりも、私が感謝したいのは、見たかった番組が見れるってことなんだよね。
(すっごく、俗物的だなぁ。)

日本にいたら、きっとこんなことで感謝なんて、絶対にしないけど、
こうして異国で暮らしていながらにして、タダで日本の番組がみられるって、
思っても見なかったことだし、ほんの数年前までは、
日本へ帰るたびに、浦島太郎になっていたし(今でもそうなんだけど)、
違った角度から、日本の番組を楽しんむことが出来るようになったもんだよね。
著作権の問題とか、いろいろとあるようだけど、私にとっては見れればいいです。

そんな中で、特に最近、毎週楽しみにしているのが、
たかじんのそこまで言って委員会
これ、東京には流れていないようで、でも、新潟には流れているんだよね。
新潟に帰ったときに、たまたま見て、めちゃくちゃ面白くて、
まさか、こうしてイスラエルでも見ることができるなんて思ってもいなかったのです。
私が毎週楽しみに見ていると、レゲヴが覗きにきて、
「日本人がこんなやって、大声出して議論しているの、はじめて見た」
って、驚いてました。

時事問題を取り上げて、あれやこれやと言っているから、
私にとっては日本を知ることができて面白いし、
何よりも、出演者が面白い。
さすがは関西だなぁーって、つくづく思います。

日本の政治に興味なしだけど、この番組を見ると、知りたくなってくるのです。
遅ればせながら、日本の政治について、ちょっと勉強してみようかな・・・


ブログランキング・にほんブログ村へ ←よろしければ、最後に’ポチッ’とどうぞ。
夢で・・・逢いました
2008年11月12日 (水) | 編集 |
最近、夢を見ることが多くて、困ってます。
それも、あんまりうれしくない方向の夢ばかりのような気がします。
・・・・だって、覚えてないんですぅー、どんな夢だったのか。
でも、なんとなく嫌な感じだけが、ドロッって、目を覚ましたときにまとわり着くんです。
自己分析では、日々メリハリのない生活を送っているので、寝つきが悪い・・・
・・・ということにしてあります。

そして、今日も見ちゃいました、そして、まだ覚えてます。
今日は、芸能人関係でした。それも、外人です。
まるで、自分が映画に出演しているような夢でした。
相手はあの、最近、私の中で人気急上昇の、このお方 

Javier Bardem ハビエル・バルデム
Javier Bardem

いやー、夢の中でも、素敵でした・・・って、私の妄想の中だよね、これって・・・
活劇ロマンス系の夢(のような気がする夢)でした。
目が覚めてから、レゲヴにも報告し、「ハビエル・バルデムと・・・」
といいかけて、「泥棒する夢で、飛行機が爆発して、お金が飛行機からパラパラって・・・」

・・・って、私はいったい、何をレゲヴに言いたかったんだ? 

人の夢の話ほど、つまらないものないのにね。
でも、ハビエル・バルデムだったし、ちょっと楽しい夢だったし、うれしかったんだ、きっと。
こんな芸能人が出てくる夢をみるなんて、不毛だなぁー。
いろいろとストレスたまっているのかもね、ハッサン方法見つけなきゃ。

昨日は、左足のひざの裏が痛くて、ウォーキングもしなかったし、
そうそう、この足の痛み、近年、飛行機に乗ると、始まるんようになったんだよね。
一時間も飛行機のイスに、座っていられなくなってしまいました。
昔は何時間座っていても、問題なかったのになぁー。
神経痛みたいなものなのかな?
はぁ~、体は、確実に年をとっているようです、かなしー 

夢物語から始まり、最後は神経痛・・・
支離滅裂な思考回路の今日この頃です。


ブログランキング・にほんブログ村へ ←よろしければ、最後に’ポチッ’とどうぞ。





飽きない人々
2008年11月10日 (月) | 編集 |
昨日、ニュースを見ていて、「何なに?どうしたの?」と思いきや、
キリストの聖地で坊さん達の殴り合い・・・だそうです。

あちゃー  だよね。

エルサレムの聖墳墓教会っていったら、私も数え切れないほど行ったところで、
キリスト教徒にとっては、聖地も聖地、大聖地なわけで、
キリストが、十字架にかられたゴルゴダの丘の上に建てられているという、
まゆつばものの  教会で、キリストの遺体を横たえた岩なんてものもあるのです。
まっ、それだけ、大切な場所なわけで、みんなその場所を独占したいのだけど、
そうも行かず、仲良く共同管理ということになっているのですよ。

それが、昨日、アルメニア正教とギリシア正教のすったもんだとなったわけで、
なぜに・・・何が、いけないの?と、殴り合いになる理由がわからんのです。
儀式に違う宗派が近づくと、何か、いけないことでもあるのかなぁ~?
同じキリスト様を祭っている宗教なんだから、仲良くしなよ~・・・
って、宗教心のない私は簡単に言ってしまえるのですが、
ご熱心な方々には、そんなこと通じないんだよね。
まったく、だから、いつまでたっても、この国は争いごとばかりなんだよ。

ユダヤとパレスチナで十分じゃないの?
やっぱり、キリストさんも仲間はずれになりたくないのか?

ともあれ、飽きることのないイスラエルです。
NHKのニュースに映像があったので、興味のある人は見てくださいね。
生きのいい坊さんが1人、突撃ジャーンプ・・・してます。

http://www3.nhk.or.jp/news/k10015268041000.html

ちなみに、坊さんじゃなくて、一般には聖職者と呼びます、あしからず・・・


ブログランキング・にほんブログ村へ ←よろしければ、最後に’ポチッ’とどうぞ。


晴れのち、晴れ
2008年11月06日 (木) | 編集 |
ちょっと前に、雨の一週間があったと思えば、只今のイスラエルは夏です。
寝付くときに、「少し肌寒いな~」と思って、掛け布団を冬用にしたばかりなのに、
部屋履きスリッパも、冬用にしたばかりなのに、
暑い・・・  そりゃ、真夏の暑さとは違いますが、
それでも、こう、ダラーってしてしまうような、暑さです。
悔しいから、冬用をそのまま継続していたのですが、さすがに断念しました。

なおかつ、水不足が深刻なイスラエルは、先日、「庭に水遣り禁止令」が発令。
とは言っても、50メートル四方以上の庭への水遣りなので、
家の庭はどれほど多く見積もっても、10メートル?・・・の猫の額なので、
一応、こっそりと、水遣りしてます。
せっかく花が咲いたり、芽が出たりしている、私のカワイ子ちゃんたちを、
ほっとくわけにはいかないもんね 

週間天気予報によると、近々、雨の降る予想はなし。
天気がいいのも良いけど、水不足を解消するには、雨が降ってくれないと困るもんね。
農家の人たちも大変みたい。
いずれは必ず降ると思うけど、いつになるのかな?

雨が降った後のイスラエルは、緑が色濃くなって、地面からどんどん植物が伸びて、
花が咲き始めて、そりゃぁもう、美しいんだよね。
いつも緑がいっぱいあふれている国とは違って、乾燥して茶色くなった大地が、
水を得て活性化していく姿は、本当に大地が生きていることを感じるのですよ。
だから、イスラエルの冬ってだぁーい好き。

乾燥機のない我が家は、天気がいいと、洗濯物がよく乾いていいんだけど、
でも、やっぱり、雨は大切なのです。
早く、たっぷりと降ってくれないかな~ 


ブログランキング・にほんブログ村へ ←よろしければ、最後に’ポチッ’とどうぞ。


豪華な金時計
2008年11月04日 (火) | 編集 |
今日は、久々に車を運転しました。

日本では立派なペーパードライバーで、
イスラエルでは国際免許証で日本よりは運転している程度。
ほとんど、レゲヴと出かけているから、運転する必要もなく、のほほんとしていたけど、
こんな山の上で生活していると、やっぱり車が運転できると便利なので、
一念発起して、この2ヶ月くらい、週に一回程度で運転するようにしているんです。
(それもあと一週間で、国際免許証の期限が切れるんですけどね)

はじめの頃よりは、マシになったとはいえ、未だに運転するときはドキドキもの。
念願の、市場へ1人でお買出しも達成し、やるじゃん自分って感じで、
運転する日って、やけに気分が緊張で興奮しているのがわかるんです。

そして、運転は無事に終了したものの、他のことで失敗してしまいました。
何の失敗かは、まっ、いいってことで(たいしたことではないんです)・・・・
とにかく、落ち込んでしまうような失敗です。
これも、
運転した⇒興奮状態⇒ちょっと調子に乗りすぎ⇒イヤーな結末
ってな感じですね・・・すごく反省です。

このイヤーな気分を吹っ切るために、私はこの歌で癒されます。
(あっ、矢島美容室も良いですねー、最後のポニョで必ず笑えますねー)



所さんって、いいなー、一家に一台だな 


ブログランキング・にほんブログ村へ ←よろしければ、最後に’ポチッ’とどうぞ。

タバス家の訃報
2008年11月03日 (月) | 編集 |
皆さんに、悲しいお知らせです。
あの、タバス(クジャク)のターさん一家に、悲劇が起きてしまいました。
メス・タバスが犬に襲われ、天に召されてしまったのです・・・

一部始終を、偶然タマの散歩をしていたレゲヴが見て、
助けようとしたのですが、逃げ場のなかったタバスは、やられてしまったそうです。
(正直、襲ったのが、タマでなくて良かった・・・と、思ってしまいました)

このキブツには、自由に放し飼いされている犬も多いし、
タマだって、散歩中はつながれていても、タバスやネコを追いかける気満々だし、
タバス一家がウロウロとそこらじゅうを散歩していて、車に轢かれそうなときもよくあるし、
「注意しなさい!」って言い聞かせてはいたんです。
それなのに、一番危惧していたことが、起こってしまいました。
(あー、だから、あんなに言ったのに・・・聞いてくれないんだもん・・・)

毎朝、このメス・タバスの呼び声で起こされ、餌をもらうまでテコとして動かず、
もらっても、「もっとくれー」って啼き叫ぶような、困ったチャンでしたが、
かわいがっていたんです。
タマのいない時には庭に入って、大事な花を食べてしまう奴でしたが、
愛嬌があって、かわいがっていたんです。
残念です・・・非常に残念です。

残された2匹のオスは、相変わらず遊びに来ますが、
なんだか、寂しいです。
メスとタマの餌の取り合いをしていた風景を思い出してしまい、寂しいです。

「もし、車がタバスを轢くなんてことがあったら、運転手を半殺しにしてやる」
って、本当に思っているけど、犬だからなー・・・自然の摂理って感じだし、
犬も好きだし、犬の本能には逆らえないだろうしなぁー・・・
不運だったってことで、納得するしかないんだわね、仕方がないんだわね。
・・・でも、やっぱりココロに小さなしこりが出来たような気分なのです。

tabasu

奥の飾り羽のないのが、天に召されてしまったタバスです。
いつまでも、忘れないからね。
じゃあね。
バイバイ 


ブログランキング・にほんブログ村へ ←よろしければ、最後に’ポチッ’とどうぞ。
パンプキンスープ
2008年11月01日 (土) | 編集 |
冬になると(まだ冬じゃないけど・・・)家の食卓のスープ率が高まります。
もともとベジタリアンだから、そんなに豊富な味を楽しむような食事じゃないけど、
スープは野菜たっぷりに、ミネストローネを作ることが多いです。
でも、いつもミネストローネでは芸がないと思い、先日パンプキンスープを作りました。

こんな感じに出来上がりました。
soup

クルトンをのせて食べるとより一層うまかったです。

ついでに、いつものスパニッシュ・ライス(と我が家では呼んでいるもの)もつくり、
こうなりました。
spanishrice

こうやって、たいした料理でもないものを載せたのも、
もしかしたら、料理ブログみたいに、おいしそうにみえるかなー・・・
なんて下心があったんですが、見事に裏切られ、
自分には料理ブログの才能がないことが、判明する結果となってしまいました。
(いやいや、味は大丈夫なんですよ、味は。それなりにね)

レゲヴ曰く
「カメラの問題以前の問題だね」
という、キツーイお言葉を賜ったしだいです。

なんだかねー、何枚写真とっても、おいしそうにならないんだよね、これが。
料理に対する愛情不足なのかな?
まっ、これできれいさっぱり、変な下心はなくなったし、
やっぱり慣れないことはするな!ってことなんだわね。
でも、下心があった記念(何の記念?)に、一応ポストしてみたという次第です。

お粗末さまでした・・・


ブログランキング・にほんブログ村へ ←よろしければ、最後に’ポチッ’とどうぞ。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。