タマとレゲブと私。 今日も元気で、生きてます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レゲヴの細川たかし
2008年07月29日 (火) | 編集 |
レゲヴは演歌が大好き。
理由は「ソウル(魂)」を感じるらしい・・・・・ホントかな?
その中でも、細川たかしは(レゲヴの)演歌ナンバーワンの座をゆるぎないものとしている。
「北酒場」なんて、レゲヴ、歌っちゃうよー、マジで。

そんなレゲヴが、ブログに、日本の音楽についてたっぷりとオタクぶりを発揮してしまいました。
実際、私ですら感心するほどの日本の音楽好き。
時々、「いい音楽見つけたんだぁー」と、ニコニコしているときがあるんだよね。
そのオタクぶりを総動員して、作られたのがこれ↓

http://regev.wordpress.com/2008/07/27/japanese-music/

ヘブライ語なので(翻訳機能で読めるのかな?)、皆さんには読めないけど、
Youtubeの映像をみて、レゲヴのコレクションを楽しんでください。
メジャーどころから、アニソンまで、勢ぞろいです。
もちろん、先頭を飾るのはこの人、細川たかしでしょう。

 では、お楽しみください。

スポンサーサイト
箸?幸夫?
2008年07月28日 (月) | 編集 |
最近、「昔、大笑いしたこと」が頭から離れなくて、困ってます。

(脳内回想中)
それは、雪・・・真っ白な雪のゲレンデ・・・
友人達とロッジで休憩していたときの会話から・・・・

「ねぇー、ユキオとってぇー」(友人A)

・・・・・・あーーー、箸ね」(友人B)


そこから始まった、パラレルワールド。
全ての会話が隠語と化し、私は涙が出るほどのバカ笑いだった・・

・・・・というお話なんだけど、
あの時数々あった、「箸幸雄」系の言葉が思い出せないんだよね。
何であんなにバカ笑いしたのか、よく覚えてないけど(それは若さ)
その友人ABのセンスに、感服したことは覚えているんだな。(友人の友人でした)

でも、ここイスラエルで「ユキオとってぇー」って言っても、
誰もわかってくれない・・・・・
・・・・って言うか、そんなオヤジギャグ系の言葉、もう使えない・・・
でも、他にどんな言葉があったか、すっごく知りたいんだよね。
誰か、知っている人がいたら教えてぇー。
改めて、のだめカンタービレ
2008年07月27日 (日) | 編集 |
先日、友人が「のだめカンタービレ」のコミック全巻を送ってくれたのです。
(大人技だ!
ダンボールの中には20巻プラスおまけ巻がついて、ぎっしりと並べられていたのです。
涙・涙の感動でした。

アニメ版が9巻までの話と聞いていたので、
その後の話が読みたくて読みたくて、たまらなかったのですよ。
にしても、よく出来たコミックでした・・・(あっという間に読破)
120%楽しみました。
途中で、もう一度アニメ版が見たくなって・・・・
・・・・・だって、音が聞きたくなるんだよ、オーケストラの音が。
アニメ一気観をしたりしながら、コミックを満喫してしまいました。
本当に、面白いね、このマンガ。
千秋とのだめが恋人同士になってからのフランス編は、
じれったさに切なくなったり、お互いの才能を認めあいながら成長していく二人が、
いくらマンガの世界といえども、好感度100%なのですよ。
送ってくれたTSUKAさん、本当に、ありがとーう。

只今、読み込み3周目に入っております・・・・・
何度読んでもおもしろんだよね。
そして、またアニメでオーケストラを聴きたくなっちゃうんだよね。(ループだ)
やっぱり、日本のマンガは奥が深いなぁー。
黒木くんとのロバの獅子舞では、夜中にもかかわらず(レゲヴ寝ているにもかかわらず)、
声を殺して、大笑いしてしまいました・・(わかる人だけ、わかってください。)
日本語のボケと突っ込みって、文章にしても面白いんだよ、すごいよね。
今後の展開が楽しみだけど、これからは一巻ずつ待たなくてはいけないのか・・・・
ちょっと、悲しい・・・
試験管ベイビー
2008年07月24日 (木) | 編集 |
むかしむかし、「試験管ベイビー」なんて言葉を始めて聞いたとき、

「ひぇー、クローン人間だぁー、マンガだぁー、えらいこっちゃぁー 

って、思ったけど、いまじゃメジャーな体外受精の事だったんだって、
・・・・・・・・・・・・つい最近知ってしまいました。(無知って怖い)

あの頃は、そんな言葉自体にすごい衝撃を受けたと思うけど、
まさか、自分がそれをやる羽目になるとは・・・・・
・・・・・10歳にも満たない少女には想像もつきませんでした。

今では、不妊治療・体外受精なんて、フツーのことだし、
まさか、こんな世のなかになるんて、誰も思っていなかっただろね、まったくさ。

私の母なんて、
「昔は、不妊治療しているなんて恥ずかしくて誰にも言えた事じゃなかったのに、
今は、平気で公表できることなんだものねぇー、変われば変わるものだよ」

って、なんだかわからないけど、ミョーに納得しているし、
その娘が、まさか試験管ベイベーに挑戦することになるとはね、
もう、御天等さまでもびっくりよ 

というわけで(何が?)、
第3弾 試験管ベイベー中の私なのです。
長期リラックス休暇と称して、専業主婦をしていることが、
吉と出るのか?凶とでるのか?さぁ、賭けた賭けたぁー 
ってな感じで、ギャンブルになってます・・・・・ハハハ・・ハァー

相変わらずのレゲヴのそっけなさには、腹も立つけど、
これに関しては、男になすべきことがないから仕方ないんだろうな。
とりあえずは、結果を待て!だね。
タマの看板
2008年07月17日 (木) | 編集 |
tama's sign

いつか時間があったら作ろうと思っていた、タマの看板ができました。
その名も
「注意: 犬 噛む」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・重要なのですよ、この子には・・・

市販の「犬、注意」は、レゲヴが、
「絵がかわいくないから、いやだ」といって使いたがらず、
「でも、噛む犬は、どのみち世間一般にはかわいい犬じゃないけど・・・・」
という私の意見も却下されていたのです。

まっ、これだけ時間に余裕があると、「やったろうじゃないか」という気もおき、
初めての図画工作にしては、まあまあの出来かな・・・と。

うちの看板娘も満足そうです。(何が書いてあるかは秘密にしてあります)
遠くからも見えて、これで不用意にタマに近寄ろうとする怖いもの知らずは・・・
(今までも、誰も近寄ることなんてでいなかったんだけど・・・)
・・・・・・・・・・・・ないことでしょう。

めでたし、めでたし。
怠け者症候群
2008年07月15日 (火) | 編集 |
やっぱり、やってきちゃいました・・・・・
専業主婦となってから2週間、緊張の峠を越えてしまったようです。

怠けてます・・・
半端じゃくて、完璧なまけモードに突入してしまいました。
こうなっちゃイカーンって、自分自身に念を入れていたのに、
やりたいことやり終わって、時間をもてあますようになって、
そんでもって、注射をお腹にバシバシ打って、お腹痛カユーイ・・で、

・・・・おっかしーなー、、もっとやりたいことがあったと思ったけどなー 
まっ、注射の副作用で、軽い鬱や倦怠感があるのは仕方ないんだけどね。
それでも、仕事しながら治療していたときに比べれば、気持ちが楽だし、
イライラ感もないし、ただ、ちょっとレゲヴに対して罪悪感があるかな?

仕事しないで家でブラブラしているっていう状況に慣れていないから、
変に落ち着かないんだな、ココロも体も・・・・
ホント、根っからの貧乏性で困ってしまう・・・
そのうちこの状況にも慣れるだろうけど(慣れなければ・・)、
ストレスにならないように仕事をやめたのに、それがストレスになってちゃ、
意味ないよねー、まったくさ・・・
貧乏性で小心者で、つくづく自分が小さな人間だなぁーと、落ち込んでしまうよ。
それに、こんな最高の状況のときに、日本へ行けないのが、ぐ・や・じぃー。
さすがにレゲヴ働かせて、バカンスってわけにはいかないもんね。

ぱぁっと、気の知れた仲間と飲みに行きたいなぁー。
そうそう、仕事やめて一つ変わったことと言えば、お酒を飲まなくなったんだよね。
毎日、飲まずにはいられなかったのが、仕事辞めたとたんに、
全然飲みたくなくなっちゃったんだな、これが。不思議ーだねー。
私の場合、お酒はストレス解消のためだから、よっぽどストレスだったんだと、
改めて納得しちゃいました。
お酒を控えるのは、治療にもいいことだしね

とりあえずは、怠けモードで太らないように、気をつけなくては 



ヴァンパイア騎士
2008年07月12日 (土) | 編集 |
vanpaia


いやいや、コスプレ好きの人には、たまらん!って感じのアニメだね、これは。
最近の少女アニメの傾向が、これでだいたい把握できたしね。

それにしても、学園物・エリート系・双子系・女の子一人系・・・あとは何だろう?
・・・・加えて吸血鬼系・・・
こんな感じのマンガが、受けているみたいね、最近は。
アニメを見た限りでは、「ありきたりの泥沼系」って感じで、
「ホスト部」ほどの衝撃的な感動は全然ないけど(ホスト部で免疫ついちゃった?)、
それでも、きれいな絵だし、ヴァンパイア物好きだから、結構楽しみました。

どうやら、ワンクールおいて、10月から続編が始まるらしいので、
めちゃくちゃ中途半端な終わり方が、気に入らないけど、
今後の話の展開が、楽しみ・・・って所かな・・・(実はもう知っているけど)

白泉社のマンガは、深夜アニメに受けがいいのかな?
でも、どのアニメも絵が同じに見えるのは気のせい?
それと、キャラ、かぶってない?
美少年でエリートで、背後に暗闇しょっていて・・・
女の子は無垢で、みんなにかわいがられて・・・
・・・・と、36の私が、夢見る少女達のマンガの世界を考察してしまいました。
まっ、結局、こういうアニメが好きだから、見ちゃうんだけどさ・・・・

でも、13話って、短すぎー。
3ヶ月もまって、一話一話ためてきたのに、見るときはあっという間だもの。
まるで、何時間も時間かけて料理作って、5分で食べ終わっちゃう感じ?
それにしても、アニメダウンロードに精力使っている私って、ヤバイよなぁ。

新Bananian Blue 完成
2008年07月08日 (火) | 編集 |
お知らせです。

新しい Bananian Blue が出来上がりました (ワーイ 
専業主婦となって一週間・・・飲まず食わず?で作業してきて、
やっと皆さんにお知らせできるものとなりました。

なんてたって、あーー、腰が痛い、右手が痛い・・・・
こんなに長い時間、毎日パソコン使っている時間って、いままでなかったからね。
マウスのいじりすぎで右手はだるいし、座りすぎで腰は砕けそうだし、
もう、限界・・・・というところで、完成しました。

ブログ形式になったので、これからは更新も頻繁になることでしょう・・・・?
今までの手作りホームページとは違って、使いやすく、見やすくなったと思うけど、
どうだろう・・・・・・

8年間暖めてきた手作り感を、手放すのは辛いけど、
これも時代の流れですな、うんうん 
ちなみに、内容に変化はないので、読み返す必要なしです。
「BBの眼」と「Nature Land」 と「Wow イスラエル」が合体して、
カテゴリー別のブログになりました。

さあさあ、皆さん、新しいBB を「お気に入りに追加」してくださいね 
RSSの登録もおわすれなくー。

Bananian Blue
http://keikosato.wordpress.com/

ということで、これからも、BBとタマレをよろしくお願いします 


テニスに乾杯
2008年07月07日 (月) | 編集 |
nadal


昨日は、最高のゲームを見る事ができて、感激なのです。
ウインブルドン男子決勝、Federer vs Nadal・・・・・んーっもう、すごい。

最高のプレーヤー二人の、最高の試合でした(感動で涙っす・・ 

Federerは、史上初の6年連続優勝をかけて、
Nadalは、初のウインブルドン優勝をかけて、
5時間のドラマを、熱く繰り広げてくれました・・・あっ、また涙が・・
試合中に2度の雨天中止があったにもかかわらず、
二人とも、集中力に欠けることなく、本当に素晴らしいプレーでした。
久々に、テレビの前から一歩も動かずに(いや、動けずに)、
手に汗にぎって、見てました。

あと15分長引けば、暗闇のためプレー続行不可能になるだろう、
という、ハラハラ・ドキドキの状況の下で、
それでも、二人は最後の最後まで、全力で戦ってくれたのです。
Nadal が最後のセットをブレイクしたときには、「これで終わった・・」
っていう安堵と、「まだ見ていたいぃー」っていう残念な気持ちになってました。

個人的にはNadal ファンなんだけど、Federerにも勝たせてあげたかった。
歴史に残る偉業を遂げられなかったFedererが、気の毒でした・・・・

ローランギャロスを4年連続優勝し、確実に力をつけてきているNadal と、
ここ最近の大会で、彼らしさを見せていない不調のFederer・・・・・
やっぱり勝敗は、ここにあったのかなぁー。
でも、本当に、どっちも勝たせてあげたい、勝敗のつけられないような、
いままで見た試合で、最高に素晴らしいドラマでした。
(もぅ、さっきから、同じことばっかり言っているよ、私・・

ちなみに、私もレゲブも力いっぱい観戦して、完全燃焼してしまいました 
感動をありがとうー 


バッシング
2008年07月05日 (土) | 編集 |
昨日、こっちのテレビで「バッシング」という映画をみました。
全く、予備知識なしでみたので、はじめは訳わからなかったんだけど、
イヤーな気分にさせる映画だなー・・・・ってな感じです。

カンヌ国際映画祭で評価された映画らしいけど、
私にとっては、「イタタタタた・・・・」なんだよね。
主人公と私って、同じカテゴリーなんだもん。
映画だから、いろいろとやりすぎのことも多いけど、
自分も第3者から見たら、この嫌な女と同じだなぁーって、
この女のような立場になっていても、おかしくないなーって、
なんだか、吐き気のするような、嫌な映画でした。

この映画のモチーフになっている、2004年の日本人人質事件については、
日本にいなかったので、あまり知らないことなんだけど、
マスメディアで騒がれているっていうのは、聞いてました。
この映画を見て、改めてそのことを思い出してみて、
その頃は、この危険な時期に、あえて危険な場所に好き好んで行っている人間は、
何が起ころうとも、自己責任で処理すべき・・・という、断固とした考えでした。
まっ、自分自身も似たような立場だったしね。
人様に迷惑だけはかけたくない・・という信念はありました。

この映画を見終わった後に、レゲブと意見を交わしたけど、
まず、レゲブにとって、日本社会のこういったバッシングは理解不能であって、
主人公の女に非は一切ない、ということ。
私が主人公と同じカテゴリーであることは、納得ということ。
日本人の村八分的な、民族思考は非常に理解に難しいということ・・・・でした。

確かに、イスラエルには、こういったことは起こらないよなぁー。
個人主義、自由主義が徹底しているもん。
無事に帰ってきて良かった、と喜ばれはすれ、
バッシングを受けるようなことは、考えられないよね。

ただ、この映画で何よりも気分が悪くて、私が怒り心頭したのは、
主人公の超自己中心的な、周囲の迷惑を考えないというところ。
まっ、私の立場からこんなことを行っても、
五十歩百歩で、あんまり主人公と大差ないのかも知れないけど、
それでも、私は、この映画の主人公とは違う、とレゲブに主張しておきました。
(レゲブは、そーかなぁー・・・・って首を傾げてたけど)

とにもかくにも、嫌な映画だったけど、
何よりも悪いのは、日本のマスメディアなんだな・・・・・
と、最後にレゲブと意見が一致して、終了しました。

夢の専業主婦
2008年07月01日 (火) | 編集 |
とうとう、夢が叶いました。
本日をもって、私、専業主婦を宣言いたします、イエイ 

ひとまず、仕事を中断し、リラックスモードに入ろうじゃないか・・・
・・・・・・そうしたら、何か、いいこと起こるかも知れないし・・・・
・・なんて提案を、レゲブがすんなりと受け入れてくれたのが、2ヶ月前。

昨日は最後の仕事を、ルンルン・ドキドキの気持ちで終えてきました。
というのも、高校時代からバイトをはじめ、
独身時代は働いて自由を満喫してきたのだから(飲んで・遊んで、旅行してね 
主婦となってからの、この何もしない時間が山ほどあるー、って言うのは、
結構、ドキドキなんだよね。

本当にいいのだろうかー・・・・・・って、心配になってしまう・・・(根が貧乏性だからさ)
まっ、すぐにこの夢の専業主婦の状況になれるでしょう。

とりあえずは、アニメは一日一話(止め処なく見てしまいそうだから・・)、
専業主婦の醍醐味、お昼寝タイムはなし、ということで決定しました。

まずは、ニューバージョンBananian Blueを、いじり始め、
しばらく遠ざかっていた絵手紙を、再開して・・・・・・と、いろいろと企んでます。

それにしても、こういう生活って、いいなぁー。
し・あ・わ・せ 





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。