タマとレゲブと私。 今日も元気で、生きてます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レゲブの気持ち
2008年03月28日 (金) | 編集 |
リラックス休暇をとって、先日第2弾 体外受精終了。
後は、神に祈るのみ・・の14日間なのですよ。

医者は、
「今回、君は妊娠する!ダァーーー 

・・・・・ぐらい、気合を入れてくれたんだけど、確信が持てないんだな、これが・・
今回の治療は、一言で言わせてもらえば・・・

痛かった・・・

連日の注射が痛い・・・マジで痛い・・・でっかいの一本と普通の一本 
一人で全てやるんだけど、お腹の皮がどうにかなってしまいそうに、痛かった。
いつもの注射とは違うものを勧められて始めたんだけど、
「せんせーい、いたいよぅー 
って言っても、
「そんなことは重要ではない。これで、よりよい効果が出ればいいのだ 
なんて言われて・・・・・トホホだよ。

弱虫レゲブは、注射のちゅの字も聞きたくない・・って人だから、
もちろん私が、痛みに耐えながら治療しているなんて、知らないフり 
大方、自分には関係ない・・・とでも思っているんだろね。

痛い注射の効果があって、前回よりも少し多く卵を取り出せたけど、
それでも、普通の人よりは少ないほうらしい・・・・
10分間ほどの全身麻酔で手術するんだけど、今回はこれも痛かった・・
家に帰ってからも、お腹が痛くてたまらなかったんだよね。
でも、レゲブはこれもまた知らないフリ 

そして先日受精卵をお腹に戻してきたんだけど、どうにもお腹が痛い。
んー、なんていうのかなぁー、「イタッ」って感じ・・・・?
もちろん仕事も休んで、家で横になっているのだけど、病気じゃないから一応元気だし、
ただ時折「イタッ」っていう激痛があるくらいで、家でのんびりしているに支障はないし・・・
だから、レゲブから見れば、「怠け者」ぐらいにしか、見えないのかも・・・

私としては、こんなときだからこそ、いたわってほしい・・・・・・・
・・・・・・・なんて贅沢な夢を見ているのだけど、
そんな気持ちはこれっぽっちも、レゲブにはないようなのだなぁー。
「大丈夫?」の一言もなく、明らかに無視 
まるで、全ての治療がなかったかのように、一切、これに関しては触れず。

孤独だ・・・・

この痛みも、今までの痛みとの戦いも、精神的苦痛も、
全て、一人で背負わなくてはいけないのかなぁ・・・って、
子供がほしいと思った時点で、戦いは全て私一人のものだったんだなぁー、
・・・・・って、女って、損・・・・って、思うわけよ。

男の気持ちはよくわからん  
レゲブが一言でも、いたわりの言葉をかけてくれれば、それで全ては解決するのにねー。
なんにしても、これが成功してもしなくても、全ては母親になるための試練と考えよう。
だから、お腹の卵ちゃん、がんばって 
スポンサーサイト
花、咲きました・・おしまい
2008年03月25日 (火) | 編集 |
しつこくてすみません・・・

朝、起きたら、もう一つ咲いてました。
これも、あきらめていたんですよねー。
(10個も球根植えて、一つだけ葉っぱが出ていただけだから・・・)
真紅の花が一輪って、なんだか、カンドーだ。

hanahana


この花に縁起を担いで、きっと、いいことがあると信じよう。
(只今、第2弾 リラックス休暇中 

花、咲きました・・パート2
2008年03月24日 (月) | 編集 |
もう、絶対咲かない・・・と思っていた花が、
朝起きたら、何の前触れもなく、咲いてました 
タマもしっかりと、花番してます。

hana


これ、葉っぱだけは5ヶ月も前から出ていたけど、以降に咲く気配しないし、

こりゃ、ダメだわー

って、本当にあきらめていたから、びっくりよ。
なんで、いきなり咲くの?

・・・・・・・・時が来れば、おのずと花を咲かすのね・・・・人も同じよ  
(by keiko)


いやー、庭掃除のときに、葉っぱきらなくて、よかったよぉう。(危ない危ない)
庭仕事、未だ持って、奥が深いです・・・

お知らせ: Bananian Blue (BBの眼) 更新しました
フィギュア世界選手権、再び・・
2008年03月22日 (土) | 編集 |
引き続き、フィギュアスケートです・・(すごく好きなんです、観戦するのが・・)

今回の大会を見ていて、知らない選手ばかりなんだよね。
みんな若くて、私の知っていた選手が、ほとんどいないんだなぁー。
・・・・って思ったら、それもそのはず、前回の冬季オリンピックのときの選手達は、
ほとんどが引退しているんだもん・・・・
(って言うか、オリンピック以来、フィギュアの大会見ていなかった・・)
だから、こんなに日本選手が活躍していることも、大会直前まで知らなかったし。
昔のなじみの選手達がいなくて、ちょっとがっかり・・・

レゲブなんて、
「プルシェンコはどうした?なぜ、彼はでていないんだ?
って、すごく動揺してました。(ちなみにレゲブはプルシェンコの大ファンです。)

そして、先日、メンズのショートプラグラムで、初めて高橋大輔選手を見ました。
レゲブと私は・・・・・・・・開いた口が閉まりませんでした・・・
もう、キャラクターが強烈すぎです・・・・
何をコメントしていいのか、わかりません。
プルシェンコでフィギュアスケートを知ったレゲブには、強烈過ぎました・・・・

・・・・・・・でも、すごい。
日本の選手にあれほど強烈に個性をアピールできる選手が出てこようとは、
思ってもみませんでした。(ちょっと、引いてしまいましたが・・・)
いやはや、天晴れです。
それに、技術もジャンプもすごい。
今日のフリープログラムに超期待だよねー。

久々にプルシェンコの、あの力強く・華麗な皇帝の演技が見てみたくなっちゃいました。
(高橋選手を見る前に、ちょっと、体調整えておかないと・・・)


フィギュア世界選手権見てます
2008年03月20日 (木) | 編集 |
もう、連日釘付けですよ 
そう、もちろんフィギュアスケート。
いいねー、日本の選手が上位を占めているって言うのは。
なかなか、見れないものね、こーいうの。

ペアのアクロバティックに、感嘆の連続で 、
レディースの日本選手活躍に、なんだか気持ちがウズウズして、
今、ダンスのオリジナルを見終わって、美しさにうっとり・・・・

この世界選手権を見に行った友人の気持ちもわかる。
今日は、これから、レディースのフリーを観戦です。
日本選手の活躍に今からドキドキで、心臓に悪いよ。
友人の応援している姿を探すことも忘れず、(何かリアクションしてくれるといいなぁ)
とにもかくにも、日本、がんばれ  だよね。


ダニエル・クレイグ
2008年03月15日 (土) | 編集 |
好きな俳優は?
・・・・って聞かれると、いつも「・・んー・・・・」って困ってしまう。

俳優にしても、音楽にしても同じなんだけど、
映画や音楽から感じ取れる、ストーリー・イメージ・テーマのほうが大事で、
個々に関して興味が沸いてこないんだな・・・・

・・・・・・と思っていたのに、とうとう見つけてしまったのですよ、超お気に入りの俳優を。
これです、この人です。
daniel


んー、す・て・き 

Daniel Craig(ダニエル・クレイグ)、40歳。
6代目ジェームス・ボンドといえば、みんなもわかってくれるかな?
2006年公開された「カジノ・ロワイヤル」でボンド役に抜擢されたこのお人。
彼を見たくて、もちろん映画館へ行きましたとも。

この瞳に見つめられたら、昇天間違いなしでしょ 
もともと、好きな俳優を言えといわれれば、ショーン・コネリー・・と答えていたくらい、
セクシー・シブ好みだから、ダニエル・クレイグはまさにツボなのです。
なおかつ、ショーン・コネリー同様、イギリス紳士の美しい容姿。

「007」以来、彼はどうしているのかな・・・?って思っていたら、
つい先日見た、「ライラの冒険」の中で、やっぱり素敵に存在しているじゃないですか。
それが、これ。
photo_03.jpg

アスリエル卿です。(出番は少ないけど、続編に期待)

んっもう、書かずにはいられません。
なんて、す・て・き 
もう一度、言わせえて、 「おまえが、好きだー」・・・・・

これが、一人の俳優やアイドルのファンになる気持ちなんだなぁ・・・
・・と、35才にして、韓国俳優に全精力をつぎ込むおばちゃんたちのように、
ココロが萌えになっているのですよ 
彼を見るたびに、「ホエー」となってしまい、レゲブはあきれているのです。
2008年は再び彼のボンド役が見れるということで、待ち遠しい限り・・・
ウフッ

花、咲きました
2008年03月10日 (月) | 編集 |
冬の始まる頃・・・そして、日本へ行く直前・・というと昨年の10月半ば。
大量に栄養分の乏しい我が家の庭に、球根を植えたのです。

植えながら、「いったい何が咲くのかなぁ・・・?」くらいのいい加減でした。
まっ、タマに堀起こされず、いくつが生き残れるかな・・・などとちょっと博打気分で、
毎日庭を眺めていたのですが、地面から芽が出てきたときのカンドー。
たかが球根、されど球根。
(ホント、小学生以来の球根植えだけど、芽が出てくるってだけで、うれしかったよ。)

それからというもの、タマの追撃をかわし、雪の寒さにも耐え、大雨で土流れすぎ・・にも耐え、
・・・・・・・・とは言うものの、植えた球根の7割は自滅・・・という厳しい環境にも耐え、
この夏のような暑さのハムシーンで、一気に咲いたのです。

見てくださーい、この立派な雄姿(タマのお尻ではありません)
flowers 001


もう一つおまけに、
flowers 008


こんなやって、初めての庭仕事で、カンドーしちゃうと、これからも俄然燃えるのですよ。
次は、何を植えて、どんな庭にしようかな・・・って、ウフフってなっちゃうよ。


あ、あつい・・・
2008年03月08日 (土) | 編集 |
夏、真っ只中・・・・・のようなイスラエルの今日この頃。

とにかく、暑い・不愉快・埃っぽいで、タマもノックアウトです。
ほんの数週間前まで、雪が降ったり、暖房ガンガンつけていたりしたのに、
あっという間に、夏がきてしまいました。
ハムシーンの季節到来となれば、もう、何をどうしようと、夏なのです。
フリースにおさらばして(というより、触りたくも、見たくもない)、
冬服ぜーんぶ片付けて、半そで短パンに移行です。
イスラエルに、季節の変わり目などという、風流な気持ちなぞ、ないのです。
昨日は冬でも、今日は夏。これぞイスラエル。
だから、レゲブが年中同じ服装でも、全然いいのです。

ちょっとばかり、肌寒い日もあるだろうけど、夏に向かってまっしぐらのイスラエル。
今日は、ハムシーンの強風の後の、家中の砂埃を掃除して、
タマは、冬仕様の毛皮を着替えることもできず、暑さに完全燃焼(食欲ゼロ)。
埃のせいなのか、この時期になると、まるで花粉症のように、
鼻水グズグズになって、くしゃみも止まりません。

レゲブには、頭の痛い夏。
タマにも、辛い夏。
でも、私には・・・・・待っていましたの夏。
暑いけど、気持ちのいいド暑さなんだよねー。



ベジタリアン・シューズ
2008年03月04日 (火) | 編集 |
ベジタリアンにもいろいろあるけれど、
レゲブは、けっこう徹底したベジタリアンなので、いろいろな事で面倒なのですよ。

食べ物については、いわゆる Lacto-ovo-vegetarian(ラクト・オボ・ベジタリアン)・・
とかいってもわけわかんないから、卵と乳製品を食べるベジタリアンということです。
(でも、卵はにわとりさんが歩き回っている所で取れた卵しか食べません。)

ベジタリアンと一言で言っても、様々に分類されていて・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・実際、細かいことはどーでもいいのです。
要は、お父さんとお母さんのいるもは食べない、というのがレゲブの主義。
そして、もちろん、動物で作られたものは絶対に使わない。
・・・・なので、皮製品は断固として使わないのです。
ちなみに、レゲブの所持靴は、全部スポーツシューズwith皮なし。

そこで、以前日本出張なんて事をしていたときに、スーツにスニーカーは禁止です・・・
と強く教え込み、何とか偽皮の超安いビジネスシューズっぽい靴を見つけて、
履かせていたところ(実際、ビジネスシューズを履くことも初めてだったのですが・・・)
蒸れるし、熱いし、最低の履き心地だったようなのです。

そりゃ、当然だよねー。
私だったら、絶対、何が何でも、そんな靴、履かないものねー・・・・
でも、レゲブは皮靴を履いたこともないので、その履き心地の違いもわからない。
そこで、いつか、合皮でも質のよいビジネス・シューズを見つけてやろう、っと、
探したところ、簡単に見つかりました。

それはベジタリアンの本場・イギリス 
紳士の国・イギリス 
その名も、英国,グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国
United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland

究極のベジタリアン・ヴィーガン(Vegan)のためのサイトがあるわあるわ。
ずーと、レゲブに購入を勧めていたのだけれど、
「お金の無駄だ、僕は今ある靴で十分だ」
といって、偽皮の超しょぼい靴を、捨てさせてはくれなかったんだよね。

ところがある日、突然、「買ってよ」の一言。
そこで、先日注文した靴が、届いたのです。(前置き長すぎ・・・・)
さすがは、紳士の国グレートブリテン 
革靴となんら引けをとらない、素晴らしいできばえの、お美しい靴が届いたのです。
これならば、レゲブも満足の履き心地でしょう (BOURGEOIS BOHEME
(ちなみにお値段も、革靴と引けをとりません)

まっ、イスラエルにいる限りは、利用することはないだろうから、
気長に日本出張を待つしかないかなぁ・・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。