タマとレゲブと私。 今日も元気で、生きてます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪のイスラエル
2008年01月30日 (水) | 編集 |
snow in israel


ざ・む・いぃぃぃぃ
降りました、エルサレムに雪です。
数日前から、「さむくなるよー、雪が降るよー」
と口々に言っていたけど、今回は期待を裏切らず、きちんと降ってくれました。
昨日の夜から、雪下ろしのごとく、カミナリ がなりわたり、
(もちろん、われらがタマはベットの下)
学校は雪のため休校(まるでカメハメハ大王だよ、まったく)
雪国・新潟育ちの私には、
「なーにが、これ如しの雪で、けっ」ってな感じだけど、
10年に一度くらいしか、雪を経験することができないここの住人にとっては、
スノータイヤなんてないし、10センチもしくは5センチの雪が、命取りになりかねないのです。
でも、子供達にとっては、最高の楽しみだよね。

私の住んでいるところでは、雪は積もらず、あられが降って、
一瞬白くなるくらいだったけど、それでも、本当の冬気分を味わうことができました。
あられが降る中で、タマとの散歩も、楽しかったしね。
でも、やっぱり津々と降る、新潟の雪が恋しいな・・・・

とにかく、そんなこんなの雪で、大騒ぎの今日のイスラエルでした。
(ちなみに、エルサレムの学校は明日も休校です。)



スポンサーサイト
オーストラリア・オープン
2008年01月26日 (土) | 編集 |
tennis


久々にスポーツでうれしいことがありました 
オーストラリア・オープンで、メンズ・ダブルス優勝しちゃいました。

彼らの名は、アンディー(Andy Ram)とヨニィ(Jonathan Erlich)。
もちろん、イスラエル・スポーツ史上初の快挙。
レゲブは早朝から、目覚ましかけて、起きて、応援してました。
やっぱり、スポーツでイスラエル国旗が上がるのは、何であれうれしいね。
スポーツではまったく活躍できないイスラエルだから、
活躍以上に、優勝しちゃったなんて、うそみたい・・・・・・・・
残念だったのは、前日のウィメンズ・ダブルスの決勝でも、
イスラエル選手(Shahar Peer)が出ていたのだけど、優勝できなかったこと・・・本当に残念・・・

ともあれ、最近はイスラエル映画が話題になったり、オスカーにノミネートされたりで、
いいことでイスラエルの名前が取り上げられているので、
ちょっと(いや、だいぶ)うれしいこと続きなのですよ。
この調子で、どんどんいいことがあるといいな。


ハルミチーズ
2008年01月23日 (水) | 編集 |
hallumi


あんまり、食については書かないのだけど、
一つどうしても紹介したいチーズがあるのです。

その名は・・・・・・HALLUMI
晴海? それとも、春美・・・とか言うのではなくて、ハルミ・チーズ。
そう、チーズなのです。

生まれは、イスラエルともご近所のキプロス島。
羊の乳からできているチーズで弾力があって、焼いて食べるという代物。
私の初ハルミ・チーズはやっぱり、キプロス島・・・
(あーー、思い返せば、それは2003年6月、レゲブとのキプロス島結婚でした・・)
見た目は、「これは鶏肉なのではないか?」
と思えるほどの、いい感じの焼き印がついていて、
一度食べたらやめられない・・・・ってくらい、

ウ・マーーーイ  のです。

キプロス島から帰ってきて、イスラエルで売っているハルミを試してみたけど、
あんまりおいしくなかったので、それ以来食していなかったのだけど、
以前たまたま行ったレストランで、ハルミサラダを食べて、それが、

ウ・マーーーーーかったものだから、

今では私達の豪華サラダの定番になったのです。
(一ヶ月に2・3回かな?)
いつものトマトときゅうりの定番サラダに、
サイコロ型のハルミを、フライパンでオリーブオイルで焼いて、照り焼きのたれを絡めて、
ざっくりとサラダとませ合わせて、パクパク食べるって感じですね。
(今度、写真取っておきますね)
焼きたてのときのハルミは、フワフワとして、めちゃくちゃおいしいんですぅー 
(あっ、やば、コレステロール値上がっちゃう・・・ 

我が家へ来た人には、リクエストがあれば、作っちゃいますよー。



健康管理って・・・
2008年01月19日 (土) | 編集 |
ちょっと、ちょっと、皆さん。
ちょっと前に、人事のように「レゲブのダイエット祈願」を書いたけど、
どうやら人事ではなさそうなのですよ・・・・

先日、貧血起こしそうなほど血液採取されて、
体外受精のための数々の検査をしたんだけど、
その検査結果で、「えー、マジでー」と、ちょっとショックな事実を知ってしまったのです。

総コレステロール値:253(ちなみに善玉:112、悪玉:120)
注意書き;要ダイエット


本当に、マジでー・・・・

とはいうものの、コレステロールについてはよくわからないので、調べてみました。
標準値は100~200、220までならセーフ、それ以上は動脈硬化などの、
循環器系の病気を起こす危険度大。
食生活でコレステロール値を改善するしかないのだけど、
コレステロールの多い食品をとらないようにする、ということらしい。
そこで、何がコレステロールが高いかって言うと、

黄卵・イカ・エビ・魚卵・レバー・あんこの肝・肉・マヨネーズ・バターなど
・・・・・・・・・ちょーっとまったぁー 

この中で、ベジタリアンの私が、この10年間食していた物は、
黄卵(4日に一個くらい)、バター(一週間に一回パンに塗るだけ)、
マヨネーズ(ほぼ使わず)、その他、食さず。

いったい、何が私のコレステロール値を上げているんだぁぁぁぁぁぁぁ。

と、なぞは深まるばかり。
そこで、食すべき食品を調べてみると、

植物繊維(果物・こんにゃく・寒天・海草)・ビタミンC(毎食1000mg)・
高酸化栄養素(色の濃い野菜など)


これ、私の普段の食事じゃないか 
まっ、一つ欠けているものがあるとすれば、ビタミンC 
果物、食べないんだよねー、それにビタミンC毎食1000mgなんてサプリメント以外無理。
それでは、ビタミンC不足でコレステロール値が上がるのか?

やっぱり、よくわからない・・・

今まで、健康管理なんて、ちっとも興味なかったし、普段の食生活を考えれば、
毎日、5色の野菜を調理して食し、毎日トマトのサラダがあり、
たまにパスタ系で、ほとんどお米、甘いものは食さず(甘味大王のレゲブは例外)、
体重もこの数年変わりなく、いたって健康。(毎日30分以上タマの散歩しているし・・)
どこをどうやったら、コレステロール値がこんなに高くなるんだろう?

まっ、とにかく、コレステロールを下げるため、ダイエット決定ということになりました。
これからは、油超少な目、淡白な食事、大好きなお米も少なめ(トホホ・・)、
果物山ほど食べて(これ、ちょっと無理っぽい・・)、ビタミンCのサプリメント摂って・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・なんか、あんまり楽しくないなぁ・・・
でも、レゲブのダイエットに追随して、やってみようかと思うのです。

ホントなぞだよ、ベジタリアンの食事で、どうして、コレステロールが上がるんだ 





癒しの声
2008年01月17日 (木) | 編集 |
ある種の声を聞いただけで、不安が癒され、ココロが癒されるって事が、あるんだなぁ。

って言うのも、BANANIAN BLUE のBBの眼(01/17)に書いたんだけど、
不妊治療が、最終局面にまできたんだよ、とうとう・・・・

いままでの一般医療では、アポを取るのも、ドキドキして
(いつも、看護婦がいないとか、また電話しなおすとか、なにかと一筋縄ではアポが取れないからね)
血液検査でも、まだ暗いうちから、スタコラとバスを乗り継いで、
どこへ行っても順番待ち・・・・なんだか、悲しかったんだよね 
こんなことして、虚しくなってまで、治療に固執している私って、
何か、間違っているのではないだろうか?って、ココロが晴れることがなかったんだよ。
それでも、いつか、成功するかもしれない・・って、望みだけを支えにしていたんだよね。

とにもかくにも、不妊治療に対する、不安への対処や、医師とのコミュニケーションが、
今までの治療から受けることができなかったのです。
だから、言葉も不十分な私は、ココロが追い詰められることがよくあったんだ。
(ヘブライ語でも英語でも、医療についてなんて、よくわからないよ・・・)

でも、ドクターから体外受精を勧められて、プライベート・ドクターに移って、
ドキドキしながら(アポをとっている夢を見るほど不安で)電話をかけてみると、
今での、粗野な愛想のない失礼な対応とは大違いで、
穏やかな、親身的な、落ち着いた声で電話応対され、
今での不安が一瞬にして吹っ飛んでしまったのです。
そして、今でのめちゃくちゃな、みんなイライラ状態のような場所とはちがって、
こうあるべき姿の待合室、誰もイライラせず、自分の時間を待ち、
秘書との落ち着いた事務手続きや、ドクターとの個室での面会。
同じドクターなのに、初めて私の伝えたいことや不安を話すことができ、
(以前の場所では、落ち着いて話しをすることもできず、ドクターも流れ作業的で、
親身になっているようには見えなかったし・・・・)
やっと意思の疎通ができたと思えた、面談だったのです。
お金を払うということは、人間の態度も変えるのだろうか?(いや、そうは思いたくない)

なんであれ、体外受精を任せたドクター、信頼関係も大事でしょ。
それよりも、何よりも、彼の秘書に私は癒されました。
彼女の親身的な言葉と、穏やかで適切な対応の声が、
私のイスラエル医療のトラウマを、和らげてくれたのです。
本当に、彼女との最初の電話での一分間で、私のココロは、ホッとしたのです 
(まさに、あれ、ココロの中の痞えが取れたってかんじ?
眼からウロコってかんじ?棚からボタモチってかんじ???)


CLANNAD-クラナド
2008年01月14日 (月) | 編集 |
crannad


いやー、久々に、レゲブ・・・はまってます。
やっぱりレゲブは、美少女オタク趣味の気があるのだと、確信してしまいました・・・
まっ、これも、たまたまヘブライ語訳のダウンロードがあったので、
ダウンロードしてしまったから、さぁ、大変。
もう一度言います・・・レゲブ、ハマってます。

という私も、実は一緒に見ているんだけど(見るときはいつも一緒)、
なんだか、変なアニメなんだよねー。
キャラがみーんなかわいい顔して、美少女系で、声優もかわいくて、
会話もモエーとした会話ばっかりなんだけど、
それなのに、話題がシュールなんだよね。
モエーとした会話の中に、何の違和感もなく、苦々しい話題しているんだよね。

・・・・なんじゃ、こりゃ?・・・・・って感じなのですよ。

その脇で、レゲブ爆笑しているし・・・(何が、おかしいのかわからん?)

とにもかくにも、不思議なアニメなのです。
もう一つ言わせてもらえば、男の子の絵とキャラ設定に、違和感を感じるのは私だけ?
かわいい顔した美少年系なのに、学校一の不良で、かわいい顔した女の子の世話好き・・・
全然、不良に見えないんだけど、どうしたらいいの?

とまあ、変なアニメなんだけど、これが、見ちゃうんだよねー(これこそ不思議だ)
いいとか悪いとかの枠では、語れない不思議な魅力があるのです。
でも、やっぱり、暇人じゃなきゃ、こんなアニメ、見ないわ、やっぱり・・・


Match Point
2008年01月12日 (土) | 編集 |
match point


私、超アンチ・ウッディー・アレンで、彼の作品は絶対に見たくないというくらい・・
そこにきて、レゲブは超LOVE LOVE ウッディ・アレンで、彼の作品は全て制覇。
というのも、、レゲブと出会う前は、ウッディー・アレンという存在自体知らず、

「レゲブ好きなものは、私も好きになるわー当然よ、LOVE LOVE 

くらい、ノリノリで、(っていうか、レゲブの強いお勧めもあったんだけど・・)
一つ、二つ、三つ・・と彼の作品を見せられているうちに、

「・・・・・・・・・・・・・、このおっさん、何がいいの?キモイよ 
お願いだから、そのしゃべり方やめて・・・・・・・」

と、見れば見るほど、いやになっていったのです。
特に、ウッディー・アレンその人の言動が、受け入れられないんだよねー。
(ホント、少しは落ち着いてしゃべろ!って・・・)

という訳で、とにかく、ウッディー・アレン作品は、絶対に見ないと決めたのですが、
この「Match Point」、ウッディー・アレンその人が、出ていないことと、
スカーレット・ヨハンソンが出ているということで、
何よりもレゲブのツヨーイお勧めで、見たのです。
(ななんていったって、レゲブの2大スター、ウッディー・アレンとスカーレット・ヨハンソンの競演だもんね)

良かった 
グー 

役者達が、みんな素敵で、イギリス上流階級の優雅な生活の中にいる気分になり、
危険なロマンスあり、ウエットな会話があり、映像が、きれい。
見ている間は、ウッディー・アレンの作品だなんて、一秒たりとも感じなかった。
それもこれも、彼が演じていないからなんだよね。
スカーレット・ヨハンソン、さすがは売れっ子、お色気娘、素敵でした。
(この作品以後、ウッディー・アレン作品に登場するようになるんだなー、このスケベ親父)

最後は、「えーーー、本当に、これでいいのー、正義は勝たないのか?」
と、うなってしまったが、こんな結末の映画もいいのではないのでしょうか?


Ergo Proxy (エルゴプラクシー)
2008年01月10日 (木) | 編集 |
Ergo Proxy


ちょっと話題が難しくて、いまだにアニメの内容を完全には把握していない作品。
WOWWOWで2006年2月に放送されていた作品なので、ちょっと古いけど、
とにかく、映像が美しいんだ、これが。
映像の美しさだけで、全部を見てしまったって感じもあるけれど、
内容も、しっかりと惹きつけられるのです。
でも、一言では解説できないので、ウィキペディアでどうぞ・・

プラクシーとは何なのか?(いまだに私の中では不明)
ビンセント・ロウは何物なのか?(変身する時のビンセントに惚れる・・・)
なぜにリル・メイヤーは核心に迫ろうとするのか?
神(想像主)とは、世界とは何なのか?

・・・・・・・・・・・・・と、まあ、きりのないくらいに、疑問符が浮かんでくるのです。

そして、そこかしこに、知的な隠し技があったりして、んーと、うならせるのです。
そして、エンディングはRadiohead 「Paranoid Android」



暇をもてあましている人、お勧めです。




レゲブのダイエット祈願
2008年01月07日 (月) | 編集 |
新しい年も、始まってしまえば、いつもの年と同じ・・・・

しかし、今年のレゲブは違う!
彼には新年の目標があるのだ!
それは・・・・

ダイエット

そう、何を隠そう、レゲブは私と結婚してから10キロ以上太ったらしい。
(本人、ホントの体重は教えてくれない)
同じ物食べているのに・・・・・ちなみに、私は現状維持です。

大食いではないし、一日一食しか食べないし、スポーツもしているのに、
なぜか、彼はやせずに太る。
「今日からダイエット」が毎日の口癖で、結局やせない。
そしてついに、新年最大の目標を彼は立てたのだ。

それは、

穀物類を一切食べず、サラダと野菜だけを食す

・・・・・・・・・・・・・・本当にいいのかな?
一日一食しか食事をせず、ベジタリアンで肉を食さず、
これだけの食事で、スポーツも平行してやる、って言うんだよ。
・・・・死ぬんじゃないか・・・

どんなに健康管理について語っても、聞く耳持たずなので、
とりあえず、一ヶ月やってみろ、と・・・
それでダメなら、無理なダイエットはやめて、違う方向で考え直そう、
ということで、レゲブも承諾。

果たして、一ヵ月後に効果は現れるのでしょうか?
乞うご期待。





ねずみ年
2008年01月01日 (火) | 編集 |
明けましたね 

例年のごとく、昨日は夕方7時のニュースで、シドニー・東京・香港など、
新年一番乗りの国々の「New Year 花火」を眺め、

「盛り上がっていて、いいなぁー」

などど、これも恒例の手作り寿司をほおばりながら、
レゲブと静かな「一人大晦日」をやり、
つぶれるまで飲んで、本当につぶれて寝てしまいました・・・
(毎年の恒例です)

職場のロシア人達は、元旦の今日は、全員休暇をとっていて(これも恒例)、
大晦日に飲んで飲んで、酔いつぶれたことでしょう。

そんな、変わりのない日常の、イスラエルの元旦。
ロシア人達のいない職場は、いつもの数倍静かで、働きやすく、居心地が良かった。
実際、世界中がお正月で祝日なのだから、仕事もほとんどないしね。
イスラエルだから、こうして、年末年始関係なく働いているけど、
現実的な話、大晦日とお正月は、ユダヤの国イスラエルにも、浸透しつつあるんだよね。
ほとんどのロシア人は、仕事に来ないし、
海外との取引の多い企業は、この期間、全面的に休みにしちゃうもんね。

ともあれ、今年はねずみ年で、私の年だ・・・とか、同僚に言ったら、
そこから始まって、「私は何の動物か教えて」騒ぎになってしまい、
なおかつ、「どんな動物で、いったいどんな意味があるの?」
などなど、十二支に関する質問攻めにあってしまいました・・・
「ね・うし・とら・う・たつ・み・・・・・・」までしか、わからないんだよねー。

・・・ということで、十二支について調べてみたら、結構面白いんだな、これが。
興味のある人は、こちらのサイトをどうぞ ⇒ 日本十二支学会
まっ、改めて、日本人って、奥が深いなーと思ってしまいました・・・

ちなみに、ねずみ年の運勢は、

「一生を通じて異性とセックスでトラブルがありますから注意してください。」

・・・・・・・・・って、マジなの


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。