タマとレゲブと私。 今日も元気で、生きてます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怖い絵
2010年01月21日 (木) | 編集 |
いや~、降りに降った、大雨のイスラエルでした 曇2
もう、死人は出るわ、床上浸水続出だわで、えらいこっちゃでしたが、
16年ぶりくらいの雨量だそうで、イスラエル人大喜びですわ。

さて、そんな大雨の中、家にこもって何をしているかといえばですね、
PCも当然なんですけど、やはり、読書ですね~。
読書と言っても、マンガから小説から、ピンきりなんですけどね、
日本から持って帰ってきた、中野 京子著「怖い絵」が、面白いのですよ。

51hCWPndtjL__SS500_.jpg

好きなブロガーさんが紹介していて、日本に帰ったら絶対に買おうって決めていたんです。
題名から察すると、なにやら怖い絵を紹介している本と思ってしまうでしょ。

そこが違うんです。
全て名だたる名画を取り上げて、その名画の裏の裏から表から??
興味深い歴史の話まで、教養書としても、最高の一冊なのですよ。

では、何が怖いのか?
そりゃあ、名画に隠された歴史という事実、人間の真理、画家の人生、
神話に宗教、はたまた、モデルのその後の人生・・・
美術館で見るだけでは、わかることができない、一枚の名画の謎を読み解いてくれるのです。
こんな面白い本、ありませんわ アップロードファイル

昔から絵画にはとても興味があって、知識はないけど、画家の作品集とかそろえて、
ペラペラとめくっているのが、至福の時だったんですよね。
もちろん、ヨーロッパの名だたる美術館へ行くことも、夢でした。

でも、実際、そんな専門家のような知識を持って、美術館へ行くわけでもなし、
ルーブル美術館に2日間通った時なんて、さらーと名画の素通りですよ。
「あ!これ、教科書にあった絵だ、ラッキー」ってなものです ー∀ー ;

なので、こうして、興味を持たせるように名画を紹介してくれる本って、すごいです。
この本をもって、美術館めぐりがしたいって、思わせます。
ちょっと残念なのが、載っている名画が見にくいんですよね。
ちょうど説明してくれているところが、折り目の処で、全然見えなかったり、
暗くて、小さくて、見づらかったり・・・まぁ、それは本物を見ろ!ってことですね。

ともあれ、田舎暮らしは快適だけど、目と教養を肥やす芸術から遠くなるのが辛いところ。
・・・ということでこの本を読んで、脳内美術館を開催中 アップロードファイル

有名美術館へ行くことが出来るのは、いったい、いつになるんだろうなぁ jumee☆Feel Depressed4


ブログランキング・にほんブログ村へ ←よろしければ、最後に’ポチッ’とどうぞ。

スポンサーサイト
クリスマス・プレゼント!
2009年12月25日 (金) | 編集 |
サンタがやってきたぁ~、のイスラエルです。


なんのことはないのですが、
私の好きな「ほぼ日刊イトイ新聞」の、

旅の荷物に詰め込む本」のコーナーに、

私の投稿が載っちゃいましたぁ~~~アップロードファイル アップロードファイル アップロードファイル



それも、25日の一冊目~アップロードファイル アップロードファイル



ぎゃぁ~、サンタさんが来たぁ~ 嬉し泣き 嬉し泣き 嬉し泣き


・・・って、全部大文字になってしまうほどの、興奮を味わっています。

だって、投稿してからというもの、「載るかな?載らないかな?」
って、毎日、ドキドキしながら読んでいたんです。
随分と時間もたったので、「これは、ダメだったな・・・」って、
あきらめていたところに、キターって奴ですね。

それも、クリスマスの日に紹介されるなんて、
これはもう、サンタさんのプレゼント以外の、なにものでもない!
と、アラフォーの女が、断言しちゃうくらいの威力があります わはは

こちらが投稿が載っているコーナー
「旅の荷物に詰め込む本」2009-12-25 アルケミスト
(ちなみに、糸井さんと伸坊さんの「黄昏」も、オススメ!めちゃ、面白いです。)


サンタさん、ありがとう うわぁ・・・


ブログランキング・にほんブログ村へ ←よろしければ、最後に’ポチッ’とどうぞ。
天使と悪魔
2009年06月26日 (金) | 編集 |
angel & demon

映画が公開されていますね~、評判はどうなんでしょう?
ダヴィンチコードの時(2005年?)、ちょうどレゲヴが日本へ出張だったので、
ダヴィンチのほうではなく、天使と悪魔の文庫を買ってきてもらったんです。
まぁ、それなりに楽しんで、その後は本棚へ・・・

そして、この2日間でまた読み返してみても、結構楽しめました。
ローマにも、バチカンにも行ったことがあるし、宗教と芸術って興味アリですわ。
それに、この人の作品は、テンポが速いから飽きずに読めます。
映画は見ないと思うけど、ユアン・マクレガーがちょっと気になる、かな。


・・・・・・・・・と、そんなことよりも、
目覚めに、マイケルジャクソンの一報を聞いて、かなりショックです。
ファンじゃなくても、この人の存在って、なんだか貴重なような気がして。
「世界で一匹しかいない、見たら目が離せない、貴重な珍獣が突然死した」
って感じでしょうかね。
小学生の時に、ハイカラな友人の家に10人くらいの子供が集まって、
マイケルジャクソンの「スリラー」を、食い入るように見た日が思い出されます。
最後には、わけのわかんないところまでいっちゃった人だったけど、
なんか、憎めない人で、結構好きだったのかもしれないなぁ・・・


・・・・・・と思いながら、ハイジな鈴の音の主たちとくつろいでしまいました。

yagi

「ボゥーボォー」(おいでおいで)って言うと、私の後を付いてくるんですよ
羊飼いならぬ、ヤギ使いになれるかも


ブログランキング・にほんブログ村へ ←よろしければ、最後に’ポチッ’とどうぞ。
闇の守り人
2009年06月14日 (日) | 編集 |
yami

ずっと読みたいなぁ~って思っていた本を読むのって、サイコー

この「闇の守り人」は守り人シリーズの2巻目。
児童文学のハードカバーは買いたくないし、どうしよう・・・と思っていたら、
2007年から文庫版が出ていたので、日本での買い物リストの最上位だったんです。

そもそも、1巻目の「精霊の守り人」を、アニメで見たことが、全ての始まり。
アニメは2007年4月から、全26話でNHKのBS2で放送されていました。
クオリティーの高い、よい作品で、その後も何度見直したことか・・・
それ以来、この「守り人シリーズ」が読みたくて、読みたくて・・・
今の所、全10巻のうち、文庫版では4巻までが出ていて、
今回の日本滞在では、文庫版の2巻「闇」と3巻「夢」を購入。
イスラエルに帰ってから読もう!と、日本で読みたいのを我慢していたんです。

児童文学なので、読み始めたらあっという間。
読みながら、アニメになった登場人物が頭の中で動き出し、
私の想像力、否、脳内劇場を活性化してくれました。

いやー、マジで面白かったですわ。
このシリーズは、子供だけでなく、大人にも人気なんですよ。
特に「闇の守り人」は、どのレビューでも絶賛していたので、
期待度大で読んだら、期待を上回る作品でしたわ。

んー、アニメ化してくれないかな・・・してほしいな・・・

オススメです


ブログランキング・にほんブログ村へ ←よろしければ、最後に’ポチッ’とどうぞ。
マカスコ
2009年02月17日 (火) | 編集 |
数日前に夏日だったと思いきや、また冬の寒さに戻ったイスラエルです。

(注: 以下、オタク度がUPしますので、ご注意ください)

昔、高校生の頃からひっそりと読んでいた本がありました。
本屋さんで買うときも、なんとなく隠れて買うような気分の本でした。
誰にも言えない、誰とも話題を共有することが出来ない、そんなジャンルの本でした。

銀行に勤め始め、同僚と読書の話をするような間柄でもなく、
会話といえば、仕事と飲みとスノーボード・・・みたいな、イマドキを気取り、
オシャレさんを演じていましたが、ある日、仲の良かった先輩に・・・
・・・ちなみに、その先輩とはマンガ好きで話しが通じていて、
岡野玲子さんの「陰陽師」を紹介してくれたのも、先輩でした。


<場面:仕事終わりの更衣室>

先輩  「ねー、けいこちゃんさぁー、どんな本読むの?」
私   「んー・・・椎名誠とか、村上春樹とか、結構いろいろ読みますよ。」
先輩  「ふ~ん・・・あのさぁー・・・・・んんん、いいや」
私   「・・・・・なんですか?」
先輩  「いや、別に・・・」
私   「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・魔界水滸伝とか読んでいるんですけど、知ってます?」
先輩  「マカスコ!」

makasuko

そう、その先輩も相当なオタクちゃんだったと、二人でカミングアウトです。

H・P・ラヴクラフトのクトゥルー神話とか、「魔界」とか、
おどろおどろとしたファンタジー?って、大好きなんですよね。
妖怪ものも大好きだし、やっぱり、これって、鬼太郎と妖怪人間ベムで育ったから??

世の中、ハーレークイーンとか、ボーイズラブとかの読者がいるんだから、
まっ、いいか・・・ってことにしています
ノルウェイの森
2009年02月05日 (木) | 編集 |
なんだか、夏のような暖かさが続いて、本当の夏の水不足が心配なイスラエルです。

本家のほうで、村上春樹氏がエルサレム文学賞を受賞したことはお知らせ済みなのですが、
昨日、レゲヴがかの名作?「ノルウェイの森」を読み終わり、どうだったと聞くと、

「んー、時間の無駄だった」 と一言。

どうやらお気に召さなかったようです・・・

私は1987年のベストセラーになった時に読んだきりで、
正直、内容については全く記憶にございません・・・なので、
何がレゲヴにとって、そんなに気に入らなかったのかはわからないけど、
私にとっても、それほど面白い本であった記憶もないのです。
覚えているのは、どうしてこれがベストセラーなのかわからない、
と思ったことくらいなので、私にとってもつまらなかったようです

1987年ってことは・・・15歳の時に読んだってことだから・・・つまらなくて当然か。
「100%の恋愛小説」と名を打っているくらいの、超恋愛小説が、
15歳の恋愛もしたことないガキの子に、わかるはずがないんだわね。
でも、なんで買ったのかすごくよく覚えていて、

1、ベストセラーで超話題の本だったから。
2、あの赤と緑の上・下巻が、すごく大人に感じたから。
3、ちょっと文学少女を気取ってみたかったから。

と、まあこんなものだったのです。

結局その後は読み返すこともなく、本棚に飾ってあって、
それでも、しばらくは村上春樹ファンを気取って、手当たり次第に読んだけど、
内容はほとんど覚えていません。

ということで、今、一番気になる本が「ノルウェイの森」です。
今なら、15歳の時に何も感じなかったあの小説が、何か意味を持つかもしれないし・・・
ヘブライ語で読んでみても良いけど、時間がかかるし、どうせなら日本語で読みたい。
なので、日本に帰った時の購入リストに入れておきました

レゲヴにはもう一冊、「海辺のカフカ」が残されているので、その反応も楽しみ。
でも、レゲヴは学術書専門で、小説を好まない人だから、ダメかもしれません
ともあれ、こうしてレゲヴが日本の作家に親しむのは、良いことです
暖めている本
2008年12月10日 (水) | 編集 |
皆さん、読もうと思って、買って、そのまま読まずにいる本ってありません?
私、一冊、あるんです。 これ ↓

kodoku

もう、7ヶ月も、テーブルの上におきっぱなしで、毎日眺めているだけ。
わざわざ母に頼んで、日本から送ってもらったのに、
高い送料(書籍って重いから、高いんだよね~)なのに、
どーして、テーブルの飾りと化してしまったのか、なぞです。

思えば、本屋は心のオアシス(古ッ!)でした・・・
でも、ハードカバーってほとんど買ったことがなくて・・・
(どこでも持ち歩きやすい文庫・新書派なんです。)
この本、ハードカバーで、今だかつて読んだことも、手に取ったこともない作者で、
「誰、それ? ガブリエル・ガルシア=マルケス?」って感じで、
レゲヴに「知らないのぉー 」て驚かれてしまいました。

では、なぜに買ったかと申しますと、たんに書評を読んだのですよ。
「世界的名作」「ノーベル文学賞」「星5つ」「読んで当然」等々・・・
絶賛だったんで、興味がわいたんですね。
文庫なら、きっとこんなに間を空けずに読んだと思います。
でも、ハードカバーしか出版されてなくて、買うときも、一ヶ月くらい悩んで、
「よっしゃぁー、読んでやろうじゃないの」って、思い立って・・・はや7ヶ月。
埃たまってます・・・

どーして読まないのか、自分でもわかりません。
ちょっと、読むのがもったいないって気持ちもあるし、
読み終わっちゃったら、読む本がなくなっちゃう・・・っていう危機感があるのかも?
まさに、簡単に本が手に入らないという、この状況ならではの危機感ですね。
それと、私にとっては、全く未知の作者なので、どうやって入っていったら良いのか、
どんな気持ちで読めば良いのか、戸惑う気分もあるんです。

本、大好きなんですよね~。
どんな本でも、マンガ本でも、読み出しちゃうと一切の音が、頭から消え去るんです。
没頭って言うんですか、こういうの?
だから、不真面目に本にとりかかれないんです、変な女なんです。
特にこれ、ハードカバーだし・・・

今のところ、何かきっかけを決めて、読みだそうかなと思ってます。
それはもちろん、2009年1月1日 (ひねりなしで、すみません・・・
それまで、もう少しのあいだ、テーブルの飾りになっていてもらいます。


ブログランキング・にほんブログ村へ ←よろしければ、最後に’ポチッ’とどうぞ。
ほっとする禅語
2008年12月03日 (水) | 編集 |
zen

茶道をやっていたからか、禅への感心が強いです。

最近は、宗教は何?って聞かれたら、「禅」って応えるくらい。
多分、「相田みつを」も大きく影響しているんだと思うのです。
だって、イスラエルでの苦悩の連続は、相田みつをで助けられたからね。
単純でわかりやすくて、ほら、トイレ用の日めくりもあるくらいだし、
それでいて、ごまかしがなくて、人間の根本をついてくる感じ。

それだけじゃなくても、哲学とか好きだし、かつて自分探しをしたときには、
「生きる」とか「死ぬ」とか、そんな関係の書籍もたくさん読んだしね。
でも、やっぱり、禅関係の書籍が、一番自分の中の思考で納得できるのですよ。
仏教という土台があるからなんだろうね。

その中で、愛読書の一冊がこれ(相田みつをは、ココロの書なので論外)。
布団の中で、寝る前に読めるくらいのお手軽さも、いいのです。
禅の言葉と言っても、私達が日常に使っている言葉もあったり、
改めて意味を知って、ココロに浸透したり、わかりやすく禅語を説明しています。
続巻もあるけど、そっちのほうは、少し漢字が多くなってくるので、
寝る前にはあいません。

こうして、宗教の中心の地にいると、自分はどうなんだろう・・・?
って、考えさせられることがよくあって、無宗教で、信じる神様なんていないけど、
ココロの支えになってる言葉や、ココロを導いてくれる何か、って言うものが、
自分にもあるとしたら、それは、「禅の精神」なんだって、いつだったか自覚したんです。
まだまだ、無知で、学ぶべきことは多いけど、少しでも禅の精神を得ることが出来たら、
本望だなぁ~、天に召されてもいいなぁ~
って、思って、昨日も寝る前に読みました。
・・・3ページまでの記憶しかないんですけど・・・精進します・・・

そうそう、以前はレゲヴと「二人で出家しようか」なんて、話しをしたこともあります。
レゲヴは、西洋哲学・東洋哲学・坊主 、に大変興味があるのです。

治療も架橋に入り、病院通いの日々で、ちょっと大変だけど、
レゲヴも戻ってきて、これぞ、「ほっとする」です。


ブログランキング・にほんブログ村へ ←よろしければ、最後に’ポチッ’とどうぞ。
アルケミスト
2007年09月02日 (日) | 編集 |

alkemist


数年前に、友人がイスラエルにいる、私宛に送ってくれた本だ。
それ以来、いつも持ち歩き、くじけそうになったときに、読んでいる。


 本を受け取った頃の私は、本の主人公サンチェゴのように、多くの土地を旅して、
多くの人々と出会い、多くのことを学んでイスラエルにいた頃だった。
そして、自分の気持ちや、得てきたこと、今までやってきたことに確信が持てないでいた。
そんなときに舞い込んできたこの本の、一句一句が私の不安な気持ちを一新したのだ。

後で知ったことだけど、この本はスピリチュアルな本として、
世界中でベストセラーになった本らしいじゃないか・・・・
まっ、私も負けじと「自分探し」に精を出した時期もあったし、
この本を手にしたときは、「自分探し」の最終局面にいたといってもいいしね。
だから、当然、全ての言葉が、ココロに浸透して当たり前だったのかも知れない・・・


いや、それにもまして、私には、この本の一句一句がココロから、理解できたのだ。
前兆や、運命の探求、ココロに正直になること。
それらはみな、私自身がやってきたことであり、そうして、今に至ることだったからだ。

あまりに、この本が100%理解できるので、喜んで、レゲブに語ったら、
「自分も有名だから、それ読んだことがあるけど、全然面白くないから、途中でやめたよ。
なんで、ベストセラーになったのか、まったくわからないよ。」
と、言われてしまい、がっかりだった・・・


旅をしたことがない人には、わからないことなのかなぁー?
まっ、それでも、私は、この本のおかげで、自分のやってきた事に確信がもてたし、
間違ってはいなかったと、思えただけでも、この本に出合えてよかったと思う。
まさに、絶妙なタイミングで、この本を私に贈ってくれた友人との、
ココロのつながりを考えても、ただの偶然ではないと、思わずにはいられない。

まるで、

「すべては一つ」

のように・・・・




はてしない物語
2007年06月21日 (木) | 編集 |

never ending story


人生35年生きてきて、手放せない本がある。
いつ買ったかは、定かではないけど、多分小学校3・4年生のころだと思う。
小さなころから母親と一緒に本屋へ行くのが好きで、いつもほしい本を買ってもらっていた。
大体選ぶ本は分厚くて、きれいで、なんだか高そうな本を選んでいたと思う。
(目につくのが、そういう本ばかりだった気がする・・・いやなガキだね)
 
この本を初めて手にとって、カバーをはずしたとき、
なーんとびっくり、ビロードちっくな、つややかな小豆色の本の表装で、
ココロが震えんばかりの感動を覚えたことを、今でもしっかりと覚えている。
今思えば、小学生が買う本としては、値段も高く、母親も内心困ったことだろう。
私も、なんだか、本当におねだりしていいものかどうか、内心ドキドキしていた。

家に持ち帰り、一ページずつ広げ、2色の色で書き分けられていることに、またまた感動。
大事に大事に、いつも本棚のほこりのかぶらない所に保管し、
自分がこの本を持っていることに満足していた。

こうして月日は流れても、この本だけはいつも私のそばにいたのだ。
読み返したのは、数えるほどだけど、やっぱり名作中の名作と、断言しよう。
この本によって、私の妄想・・・いや想像力が養われたといっても過言ではない。
今でも、海を越えて、25年の付き合いで、本棚に収まっている。
自分に子供ができたら・・・・・・読んでほしいな・・・・・・・

・・・・・・・・・なーーーーーんて、考えちゃったりするんだよね。 398
困ったもんだ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。